メインメニューを開く

桑山 貞晴(くわやま さだはる)は、大和御所藩の第2代藩主。初代藩主桑山元晴の次男。同名のおじがいる。

 
桑山貞晴
時代 江戸時代前期
生誕 慶長9年(1604年
死没 寛永6年9月29日1629年11月14日
別名 通称:主殿
戒名 法性院殿大源紹用大居士
墓所 東京都練馬区桜台広徳寺
官位 従五位下加賀守
幕府 江戸幕府
大和御所藩
氏族 桑山氏
父母 父:桑山元晴
兄弟 清晴貞晴栄晴、女(岡部宣勝室)
正室:本多康紀の娘
テンプレートを表示

略歴編集

元和6年(1620年)、父の死去により跡を継ぐ。

元和9年(1623年)、従五位下加賀守に叙任される。

しかし寛永6年(1629年)に継嗣のないまま26歳で死去した。

貞晴は弟の栄晴末期養子として継がせようとしたが認められず、御所藩は廃藩、幕府領となった。

しかし父元晴の功績に免じて、翌年6月に栄晴が名跡を相続することのみは認められ、寛永11年(1634年)には500俵を給され、子孫は1000石の旗本として存続した。

参考文献編集

  • 小和田哲男, 菅原正子, 仁藤敦史編 『日本史諸家系図人名辞典』 講談社、2003年。ISBN 4062115786 
  • 堀田正敦 国立国会図書館デジタルコレクション 『寛政重脩諸家譜. 第6輯』 國民圖書、1923年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082716/95 国立国会図書館デジタルコレクション