メインメニューを開く

桑田 昭三(くわたしょうぞう、1928年12月29日 - 2016年3月31日)は日本の教育者・教育評論家。

長野県下伊那郡鼎村(現飯田市)生まれ。旧制中学校在学中に海軍予科練に志願し、敗戦で復員する。旧制上田蚕糸専門学校卒業後、14年間教員生活を送る。学生時代に統計学を学び、東京都の公立中学校に勤務していた1957年に進路指導の手法として学力偏差値を考案して公開した。

その後、教育関連の出版社に転職したが、学力偏差値が当初の意図とは乖離した不本意な形で活用されるようになったため1981年に退職。「教育科学研究所」を主宰し、臨床教育を研究、教育評論家として活躍した。

著作編集

  • 「偏差値60がわかれ道」 潮文社 1979年
  • 「偏差値の秘密」 徳間書店 1984年
  • 「よみがえれ、偏差値 いまこそ必要な入試の知恵」 日本映像出版 1995年

出典編集

  • 「現代日本人名録2002」日外アソシエーツ