メインメニューを開く

桓公(かんこう、? - 紀元前577年)は、の第12代公。共公の子。

桓公
第12代公
王朝
在位期間 前603年 - 前577年
都城 雍城
姓・諱 嬴栄
諡号 桓公
生年 不詳
没年 前577年
共公
陵墓 義里丘北

生涯編集

共公5年(前604年)春、共公が薨去したため、子の栄が立って秦公となる。

桓公3年(前601年)6月、白狄とともに秦を攻撃してきた。このとき晋が秦の間者を捕えて都の絳(こう)で処刑したところ、6日後に蘇生したという。

桓公10年(前594年)、荘王は鄭を従え、北の晋軍を黄河のほとりで破った。この時、楚は覇者となり、諸侯を会する盟主となった。

桓公15年(前589年)11月、・楚・秦・の12カ国が蜀の地(現在の四川省)で会合し、秦からは右大夫の説がこれに出席した。

桓公22年(前582年)11月、秦は白狄とともに晋を攻撃した。

桓公24年(前580年)冬、晋の厲公が立ち、桓公と黄河をはさんで互いに盟を結んだが、帰国するなり桓公はこれを反古にした。

桓公26年(前578年)5月、晋が諸侯を率いて秦を攻撃し、秦は敗走した。

桓公27年(前577年)冬、薨去し、子の景公が立って秦公となった。

参考資料編集

  • 春秋左氏伝』(宣公八年、成公二年、九年、十三年、十四年)
  • 史記』(秦本紀第五)