桓 石綏(かん せきすい、生年不詳 - 410年)は、東晋末期の軍人譙国竜亢県の人。東晋の征西大将軍桓豁の子。東晋・桓楚に仕え、桓楚成立後は東晋と戦い、敗れて討死した。

生涯編集

東晋に仕え、司徒左長史に任じられていた。

元興2年(403年)12月、桓楚が建国されると、左衛将軍・黄門郎に任じられた。

元興3年(404年)5月、桓玄が敗れると涂中へ逃走した。

建威将軍魏詠之・劉藩らと白茅で戦い、敗れた。

義熙2年(406年)12月、司馬国璠司馬叔璠の兄)・陳襲らと兵を集めて胡桃山で挙兵した。左将軍劉毅は司馬劉懐粛を遣わして、桓石綏らを破った。

義熙6年(410年)9月、洛口で挙兵、荊州刺史を自称した。征陽県令王天恩が呼応、梁州刺史を自称した。桓石綏らは西城を攻略して、この地に拠った。梁州刺史傅歆は、その子の魏興郡太守傅弘之に討伐を命じた。傅弘之は桓石綏らを破り、桓石綏と王天恩は討死した。これにより、桓氏は滅亡した。

家系編集

編集

兄弟編集

参考文献編集