メインメニューを開く

桔梗屋(ききょうや)は、秋田県能代市畠町にある文禄元年(1592年)創業の老舗和菓子造業者。伝統的な銘菓、「翁飴」を製造している。

桔梗屋
能代市畠町にある桔梗屋
略称 桔梗屋
本社所在地 日本の旗 日本
秋田県能代市畠町6-8
設立 1592年(文禄元年)
事業内容 和菓子の製造・販売
代表者 武田吉太郎(19代)
関係する人物 武田信昌
外部リンク http://www.chuokai-akita.or.jp/okasi/okinaame/index.htm
テンプレートを表示

概要編集

甲斐武田氏宗家武田信昌の分流常陸青柳武田弘吉の孫信興が、加賀宮の腰(現石川県金沢市金石町)で饅頭の製造を始め、その後野代(現在の能代市)に移住し創業した。四世紀を越す歴史を持つ能代では最も古い菓子屋であり、かつては久保田藩の御用菓子商も承り、名字帯刀を許されていた。[1]

1812年(文化9年)研究の末に和菓子「翁飴」を開発し、以降代々一子相伝の伝統的な製法で製造を続けている。

沿革編集

  • 天正年間 加賀宮の腰(現石川県金沢市)で饅頭の製造を始める
  • 1592年(文禄元年)野代(現能代市)に移住し、屋号を「宮腰屋」と称し創業
  • 1812年(文化9年)屋号を「桔梗屋」と改称、「翁飴」を開発する
  • 1951年(昭和26年)戦争の影響で停止していた翁飴の製造を再開

翁飴編集

14代目吉太郎が自家製の麦芽糖化水飴を固形化することを思い付き、研究の末に作り出した和菓子。 淡い琥珀色をした透明感のある羽二重餅のような見た目であり、とろみのあるゼリー状になっている。

滋養があるということで長寿を願う意味から「翁飴」と命名された。

原料はもち米と大麦のみを使用し、秘伝とされる伝統的な製法で代々手作りされている。

受賞歴編集

全国菓子大博覧会
  • 副総裁賞 - 第16回
  • 有功大賞 - 第17回
  • 有功大賞 - 第18回
  • 有功大賞 - 第19回
  • 無鑑査賞 - 第20回
  • 無鑑査賞 - 第21回
  • 菓子博栄誉賞 - 第22回
  • 最高賞・名誉総裁賞 - 第23回

出典編集

  1. ^ 桔梗屋 お店について”. 2019年3月14日閲覧。

外部リンク編集

関連項目編集