メインメニューを開く

櫻の國』(さくらのくに)は、大田洋子長編小説1940年昭和15年)1月の朝日新聞創刊50周年記念一万円懸賞にて一等入選し、同年10月に朝日新聞社より刊行された。

櫻の國
著者 大田洋子
発行日 1940年10月
発行元 朝日新聞社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 410
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

松竹により映画化され、1941年に公開された日本映画

概略編集

笹間三郎(上原謙)が宣撫官として中国大陸に渡ることで、恋人との間に起きるドラマを描いている。

映画の製作では北京天津ロケーションも行われた。本来は105 分の作品だが、現存するものは短くされており、結末部分も欠けている。

あらすじ編集

登場人物編集

書誌情報編集

映画編集

櫻の國
監督 渋谷実
脚本 池田忠雄
津路嘉郎
原作 大田洋子
音楽 浅井挙曄
撮影 長岡博之
編集 浜村義康
配給 松竹
公開   1941年11月1日
上映時間 105分
製作国   日本
テンプレートを表示

スタッフ編集

  • 演出 - 渋谷実
  • 原作 - 大田洋子
  • 脚色 - 池田忠雄、津路嘉郎
  • 撮影 - 長岡博之
  • 美術 - 浜田辰雄
  • 編集 - 浜村義康
  • 音楽 - 浅井挙曄

キャスト編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集