メインメニューを開く

桜井 光(さくらい ひかる、1月23日 - )はゲームシナリオライター、小説家。遊演体ライアーソフトの所属ライターを経て、2017年現在はフリーランスで活動中[1]。TRPGリプレイ書籍などの刊行物上では、女性シナリオライターと紹介されている[2]

目次

主な作品編集

ゲーム編集

小説編集

短編小説
  • 「電子の果てで待ってて」(『ビジュアルノベルの星霜圏』掲載)
  • 「マーク・ヒューズの神はいない」(『クトゥルフ神話アンソロジー「狂宴」』掲載)
  • 「ナス=ホルタスの灰葬、或いは漆黒のシャルノスの…」(『ジャイアニズム』vol4掲載)
  • 「花の狼を見た日」(『うででん Complete Book』掲載)
  • 「欺瞞の竜」(『黄雷のガクトゥーン・ノベルアンソロジー』掲載)
  • 黄雷のガクトゥーン:ロング・グッド・バイ」(『テックジャイアン』短期連載)
  • 「(無題)」(『暁のヴァンピレス 前奏曲-side Kira&Kirill×Ulberta- 』掲載)
  • 「虹の架かる日、御馳走の日」(『小説 魔法使いの嫁 金糸篇』収録)
Web小説

アニメ編集

TRPG編集

その他書籍編集

  • 蒼天のセレナリア・ザ・ガイド
  • 紫影のソナーニルノベルブック -ヒュプノスの魔眼-
  • 「ゲームシナリオのためのSF事典 知っておきたい科学技術・宇宙・お約束110」(「スチームパンク」「サイバーパンク」「ディストピア」の項目を執筆)

ドラマCD編集

脚注編集

  1. ^ 桜井光. “桜井光ワークスインフォメーション”. 2016年11月8日閲覧。
  2. ^ 河嶋陶一朗; 冒険企画局 『幻惑のノスタルジア: マギカロギアリプレイ』 新紀元社〈Role&Roll Books〉、2011年11月11日、12頁。ISBN 978-4-7753-0960-5 

関連項目編集

外部リンク編集