メインメニューを開く

桜井寺(さくらいじ)は、奈良県五條市須恵にある浄土宗寺院山号潤生山院号康成院本尊阿弥陀如来。「櫻井寺」とも表記する。

桜井寺
Sakurai-ji.jpg
本堂
所在地 奈良県五條市須恵1-3-26
位置 北緯34度21分8.3秒
東経135度41分45.5秒
山号 潤生山
院号 康成院
宗旨 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
正式名 潤生山康成院櫻井寺[1]
法人番号 1150005006794
テンプレートを表示

寺伝によると天暦年間(947年 – 957年)、桜井康成の創建と伝える。現在の本堂は1967年(昭和42年)の再建[2]

文久3年(1863年)8月に五條代官所を襲撃した天誅組はこの寺に本陣を置き五條仮政府を称した。本堂前に代官鈴木正信(源内)ら5人の首を洗ったという石の手水鉢がある[2]。また五條で病没した五條代官蓑正路と嫡子の墓もある。

また境内には人形浄瑠璃歌舞伎の演目『艶容女舞衣』でも知られる三勝・半七の比翼塚がある[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 浄土宗寺院紹介Navi
  2. ^ a b c 『ふるさとの文化遺産 郷土資料事典29 奈良県』人文社、1997年10月1日。pp.222 f.

関連項目編集

外部リンク編集