メインメニューを開く

桜井 常五郎(さくらい つねごろう、天保3年(1832年) - 慶応4年3月5日1868年3月28日))は、江戸時代末期(幕末)の尊皇攘夷志士赤報隊北信分遣隊長。

生涯編集

信濃国佐久郡春日村(現・長野県佐久市)の村役人の三男として生まれ、同村の康国寺で学問を、上野国馬庭念流剣術を学ぶ。同郡上塚原村(現・佐久市)の神官の養子となり、農業の合間に剣術道場を開く。

文久元年(1861年)の和宮降嫁と中山道通行の助郷を巡って幕府役人と揉め、江戸に出て斎藤弥九郎道場を拠点に、相楽総三益満休之助ら尊王の志士と交わる。慶応4年(1868年)1月、相楽総三が京都から赤報隊を率いて、官軍の先鋒として中山道を東下する際、近江国彦根から同道し、北信分遣隊の遊撃隊長として追分宿に布陣し、碓氷峠を占拠し、小諸藩上田藩松代藩・天領中之条陣屋に隊士を派遣し、維新政府による新政の徹底に奔走した。また天領御影陣屋に周辺83か村の庄屋(名主)を集め、年貢半減の告知を布告した。

しかし、維新政府は間もなく年貢半減策を否定し、「偽官軍」の汚名を着せられた北信分遣隊も、追分の宿所である「大黒屋」を小諸藩や上田藩等に急襲され、捕縛された(追分戦争)。のちに隊を指導した常五郎と小林六郎、中山仲の3名は追分で斬首刑となった。

辞世の句編集

  • 復古王三月 狂風折玉枝 是非千載事 天地有明智

参考文献編集

  • 大沢洋三 著「蓼科山麓の幕末維新」木耳社 1983年
  • 中村勝実 著「抗の佐久人」櫟 1992年
  • 長谷川伸 著「相楽総三とその同志」講談社 2015年

関連項目編集