メインメニューを開く
 
桜島忠信
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 櫻藝(大学寮での字)
官位 外従五位下大隅守
主君 村上天皇冷泉天皇
氏族 桜島氏
大江斉光
テンプレートを表示

桜島 忠信(さくらじま の ただのぶ、生没年不詳)は、平安時代中期の官人宿祢官位外従五位下大隅守。姓は櫻嶋とも表す。

経歴編集

文章生となり、大学寮の字(あざな)では櫻藝と称され、文章生の年長者としての堂監を務める。しかし、4年にわたり堂監として年労を重ねながらも2度に及ぶ除目で忠信は任官の機会に恵まれず、一方で大学寮に属していない者が財力を背景に文人職を得る状態にあった[注釈 1]。これを憂いた忠信は官位の売官が横行していることを批判し、官吏社会の腐敗を鋭く諷刺した落書を出した。本朝文粋には『桜島忠信落書』として収録されており、この落書によって忠信の大隅守が決まったとされている。

大隅守となった忠信は、在庁官人らの職務怠慢を糾問するために郡司を召したところ、白髪の翁が出てきた[1]。白髪の翁を見て憐れに思った忠信は翁に一首詠ませたところ『老いはてて雪の山をばいただけど霜と見るにぞ身はひえにけり』と返した[1]。この歌に感じ入った忠信は、翁の罪を赦したという逸話がある[1]。これにより忠信の名が世間に広まり、この逸話は『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』にも収録されている。また、一説には地名の桜島は忠信の姓から由来するものとされている[2]

官歴編集

以下、『類聚符宣抄』および『外記補任』に拠る。

系譜編集

  • 父:不詳
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女

参考文献編集

  • 後藤昭雄『桜島忠信落書きについて』九州大学国語国文学会、1967年

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 藤原衆海という者が書いたとされる落書『秋夜書懐呈諸文友兼南隣源処士』における「本朝文粋註釈」所引の傍注によると、菅原善隣と大蔵弼邦が大学寮に属していないにも関わらず大和や陸奥での財力を背景に文人職を得ており、一方で桜島忠信や笠忠信は大学寮での年季を重ねながらも権威を持たないために官途が開かれないと記されている。
  2. ^ 後藤(1967)の論文では、播磨介小橡と記述されている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 伊牟田 經正「隼人・國分と古典文学」『隼人学―地域遺産を未来につなぐ』志学館大学生涯学習センター・隼人町教育委員会編 、2004年、124-126頁。
  2. ^ 鹿児島県/国立公園と世界遺産2019年4月21日 閲覧