メインメニューを開く

桜川 慈悲成(さくらがわ じひなり、宝暦12年(1762年)(算出)- 天保4年?(1833年?)・天保10年?(1839年?))は、江戸時代後期の戯作者落語家。本名は八尾大助(八尾大五郎)。通称は錺屋大五郎。

経歴編集

宇田川町の人物。芝で生まれたとされるが確証はない。

杉浦如泉の門下で則久名乗りの金工職人であった。この頃は刀の鞘師または陶商を従事。のちに戯作者の岸田杜芳(桜川杜芳)の門下になり狂歌名を「親の慈悲成」と称した。のち「桜川慈悲成」と改名。

茶道や狂歌を嗜み、文筆だけではなく絵も描くなど多芸多才で知られ、落語にも興味を持った慈悲成は烏亭焉馬の噺の会にも顔を出し、落語の作を残す。焉馬が贔屓の市川団十郎をもじって「立川談洲楼」または「談洲楼焉馬」と称したのに対して「芝楽亭」と称した。焉馬と並んで江戸落語中興の祖と称えられることがある。山の手のあたりの武家で自ら噺の会を主催。演じるのはあまり上手くはなかったとされる。戯作者としては百余種の合巻黄表紙噺本を残す。

没年は1833年(天保4年)とも1839年(天保10年)ともいわれる。墓所は三田の済海寺にあったとされるが現存しない。

現行の落語で残されているのは笑話本・『落噺常々草』の一遍である「腹曲馬」は「鉄拐」で『延命養談数』の一遍である「火の玉」は「悋気の火の玉」。

門弟には桜川甚幸、桜川新好、桜川一声らがいた。

脚注編集

参考文献編集