桜庭 舞(さくらば まい、6月28日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。

東京都町田市[1]相模女子大学高等部出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「まめ」[1]

来歴編集

2012年、宝塚音楽学校入学。

2014年、宝塚歌劇団に100期生として入団[2][3]。入団時の成績は15番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台[1]

2015年、組まわりを経て雪組に配属[3][4]

2018年2月12日付で星組へと組替え[4]

2020年、礼真琴舞空瞳トップコンビ大劇場お披露目となる「眩耀の谷」で、新人公演初ヒロイン[2][5]。併演のショー「Ray」では、初のエトワールに抜擢を受ける[2]

主な舞台編集

初舞台編集

組まわり編集

雪組時代編集

星組時代編集

  • 2018年4〜7月、『ANOTHER WORLD』 - 蓮華の精、舞姫、新人公演:艶冶(本役:音波みのり)『Killer Rouge(キラー ルージュ)』
  • 2018年8〜9月、『New Wave!-星-』(バウホール)
  • 2018年10月、『デビュタント』(バウホール) - ナタリー
  • 2019年1〜3月、『霧深きエルベのほとり』 - ペトロネラ、新人公演:シュザンヌ・シュラック(本役:有沙瞳)『ESTRELLAS(エストレ―ジャス)〜星たち〜』
  • 2019年5月、『アルジェの男』 - エリザベート『ESTRELLAS(エストレ―ジャス)〜星たち〜』(全国ツアー)
  • 2019年7〜10月、『GOD OF STARS -食聖-』 - Cherry、新人公演:エレノア・チョウ(本役:音波みのり)『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』
  • 2019年11〜12月、『ロックオペラ モーツァルト』(梅田芸術劇場東京建物 Brillia HALL) - ナンネール・モーツァルト
  • 2020年2〜3月、『眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜』 - ウラク、新人公演:瞳花(本役:舞空瞳)『Ray-星の光線-』(宝塚大劇場) 新人公演初ヒロイン、初エトワール[2][5]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、117頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d “星組・碧海さりおが新人公演初主演!新トップ・礼真琴に「どこまでも付いていきたい」”. スポーツ報知. (2020年2月25日). https://hochi.news/articles/20200225-OHT1T50148.html 2020年2月26日閲覧。 
  3. ^ a b 宝塚100期生の配属決定 3月に初舞台”. 日刊スポーツ (2015年2月17日). 2016年2月28日閲覧。
  4. ^ a b “花組2番手スター芹香斗亜が10・30付で宙組へ”. 日刊スポーツ. (2017年7月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1851619.html 2019年10月10日閲覧。 
  5. ^ a b “星組の新人公演で碧海さりお初主演「すごく緊張」”. 日刊スポーツ. (2020年2月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002250000985.html 2020年2月26日閲覧。 

外部リンク編集