メインメニューを開く

桜村さくらむら)は、茨城県新治郡にあったである。1987年昭和62年)11月30日筑波郡大穂町豊里町谷田部町と合併し、つくば市となった。

桜村
廃止日 1987年11月30日
廃止理由 新設合併
桜村豊里町大穂町谷田部町
つくば市
現在の自治体 つくば市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
新治郡
団体コード 08466-2
面積 34.95km2.
総人口 41,682
(1987年11月)
隣接自治体 土浦市新治郡新治村、筑波郡大穂町、谷田部町
桜村役場
所在地 305-00
茨城県新治郡桜村大字金田1979番地
外部リンク つくば市
 表示 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

元々は純農村だったが、筑波研究学園都市が建設され、その中核地域となり、人口が急増した。合併する直前の人口は41,682人で、日本で最も人口の多い村だった。

歴史編集

  • 1955年(昭和30年)7月22日 栄村・九重村・栗原村が合併し、桜村が発足(栄の「さ」、九重の九から「く」、栗原の「ら」を取って「さくら」村となった)。
  • 1955年(昭和30年)12月 大字土器屋(かわらけや)が大字栄に地名変更。
  • 1970年(昭和45年) 土浦市との間で境界変更を行う。
  • 1973年(昭和48年)2月10日 東京教育大学(現:筑波大学)が桜村に移転を表明。
  • 1977年(昭和52年) 谷田部町との間で境界変更を行う。
  • 1978年(昭和53年) 谷田部町との間で境界変更を行う。
  • 1987年(昭和62年)11月30日 筑波郡大穂町豊里町谷田部町と合併してつくば市となり、消滅。

交通編集

関連項目編集