メインメニューを開く

桜田 誠一[1](さくらだ せいいち、本名同じ。1935年10月23日 - 2012年3月19日)は、日本作曲家である。日本作曲家協会会員、日本レコード大賞制定委員会委員でもある。青森県平川市(旧尾上町)出身。

略歴編集

1957年(昭和32年)三船浩の「恋なんて捨てっちまえ」で作曲家デビュー。当時桜田はまだ18歳であった。 1986年(昭和61年)第28回日本レコード大賞最優秀歌唱賞に、北島三郎の「北の漁場」が受賞(作詞:新條カオル、編曲:斉藤恒夫)。

2012年3月19日、急性白血病により死去[2]。76歳没。

主要作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 旧字体「櫻」の表記もある
  2. ^ 「北の漁場」「女の駅」の作曲家・桜田誠一さん死去 朝日新聞 2012年3月21日閲覧