桝本セツ

ロシア語翻訳家、政治運動家

桝本 セツ(ますもと せつ、1912年2月 - )は、ロシア語翻訳家、政治運動家。岡邦雄の愛人として知られる。

長崎生まれ。節子とも。父は造船技師の桝本卯平、母は長崎の料亭で働いており、三歳の時に死去。日本女子大学附属女学校卒、東京女子高等師範学校中退。朝鮮京城で二年間ロシア語を学び帰国。唯物論研究会に入り、1936年妻のある岡邦雄と恋におち、アパートに同棲。38年ともに治安維持法違反で検挙される。42年男児、44年女児を生む。1946年岡と日本共産党に入る。57年離党。71年岡が死去する[1]

著書編集

  • 『技術史』三笠書房 1938
  • 『科学ロシア語入門』ナウカ 1961
  • 『科学ロシヤ語の読み方』大学書林 1962
  • 『入門ロシア語 理工学者のために』ナウカ 1964
共編著
  • 『サイバネティックスとはなにか コミュニケーションとオートメーションの科学』蒲生秀也共編著 春秋社 1956

翻訳編集

  • ヴェ・ダニレフスキイ『近代技術史』岡邦雄共訳 三笠書房 1937 岩崎学術出版社 1968
  • 『北極 大氷原のナゾはどう解かれたか』訳編 春秋社 1956
  • A.A.ズヴォルィキン,S.V.シュハルジン「技術のあけぼの」「世界教養全集 第32」平凡社 1963
  • エス・エヌ・ブライネス,ア・ヴェ・ナパルコフ,ヴェ・ベ・スヴェチンスキー『神経サイバネ序説 脳のはたらきかたの究明』田辺振太郎共訳 世界書院 現代ソヴェト条件反射選書 1966
  • M.B.ボリケンシュテイン『分子と生命 分子生物物理学への招待』柳下登共訳 共立出版 1973

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 澤地久枝『完本日本史のおんな』