桶谷秀昭

桶谷 秀昭(おけたに ひであき、1932年昭和7年)2月3日 - )は、日本の文芸評論家

目次

人物編集

1950年に一橋大学商学部に入学するも、在学時に社会学部に転部。一橋大学社会学部を卒業後は、研究社(出版社)に勤務する一方、村上一郎(文芸評論家)とともに同人誌「典型」「無名鬼」を編集し評論活動を開始。

後に東洋大学文学部教授を務めた。東洋大学退職後は東洋大学名誉教授教授の称号を受け、東洋大学兼任研究員を務めた。他に多摩美術大学大妻女子大学講師、日本近代文学館理事等も務めた。

1990年に毎日出版文化賞を受賞。2年後に妻と死別した。

1980年頃より、同じ文芸批評家である磯田光一奥野健男佐伯彰一秋山駿饗庭孝男高橋英夫と毎年新年会[1]を開いていた。

略歴編集

  • 1932年 東京生まれ。
  • 1944年 金沢旧制中学校に入学。
  • 1945年6月 金沢の旧制中学校を中退し農耕に従事。
  • 1946年 旧制京北中学校3年に編入学。
  • 1948年 旧制京北中学校第4学年修了
  • 1948年 東京商科大学(現一橋大学予科不合格。
  • 1950年 一橋大学商学部入学。
  • 1953年 一橋大学社会学部に転部。
  • 1955年 一橋大学社会学部卒業(海老池俊治(英文学者)ゼミナール)。
  • 1961年 東洋大学教養部専任講師
  • 1971年 東洋大学人文科学科教授

受賞等編集

著書編集

単書編集

  • 『藝術の自己革命』深夜叢書社 1964、国文社(増補版) 1970
  • ジェイムズ・ジョイス』紀伊國屋新書 1964、新装版・紀伊國屋書店 1994
  • 『土着と情況』南北社 1967、国文社(増補版) 1968
  • 『近代の奈落』国文社 1968、改訂版1984
  • 『仮構の冥暗』冬樹社 1969
  • 『異端の群像』自由書房 1971
  • 『凝視と彷徨』(上下) 冬樹社 1971
  • 『文学と歴史の影』北洋社 1972
  • 夏目漱石河出書房新社 1972、増補版1983
  • 『批評の運命 小林秀雄』河出書房新社 1974、小沢書店 1986
  • 天心鑑三荷風』小沢書店 1976、新装版1984
  • 『危機と転生』泰流社 1976
  • 『永遠と滅びゆくもの』北洋社 1976
  • 『中世のこころ』小沢書店 1977、新版1985
  • 『ドストエフスキイ』河出書房新社 1978
  • 『昭和精神側面』小沢書店 1980
  • 『風景と記憶 随想集』彌生書房 1980
  • 中野重治 自責の文学』文藝春秋 1981
  • 北村透谷』(近代日本詩人選)筑摩書房[2] 1981、ちくま学芸文庫 1994[3]
  • 『回想と予感 文藝時評1979〜1981』小沢書店 1982
  • 正岡子規』小沢書店 1983、新版1993
  • 『保田與重郎』新潮社 1983、講談社学術文庫 1996[4]
  • 『滅びのとき 昧爽のとき』小沢書店 1986
  • 二葉亭四迷と明治日本』文藝春秋 1986、小沢書店 1997
  • 『文明開化と日本的想像』福武書店 1987
  • 『明治の精神 昭和の心 桶谷秀昭自選評論集』学藝書林 1990
  • 『昭和精神史』文藝春秋 1992、文春文庫 1996
  • 『昭和精神の風貌』河出書房新社 1993
  • 伊藤整』新潮社 1997
  • 『浪曼的滑走 保田與重郎と近代日本』新潮社 1997
  • 『天の河うつつの花』北冬舎 1997
  • 『草花の匂ふ国家』文藝春秋 1999
  • 『昭和精神史-戦後篇』文藝春秋 2000、文春文庫 2003
  • 『時代と精神 (評論雑感集 上)』北冬舎 2002
  • 『歴史と文學 (評論雑感集 下)』北冬舎 2002
  • 『日本人の遺訓』文春新書 2006
  • 『人間を磨く』新潮新書 2007

共著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 「奥野健男のこと」より、『歴史と文學』(北冬舎 2002年)、292頁-297頁。
  2. ^ 編注・解説『北村透谷 人生に相渉るとは何の謂ぞ』(旺文社文庫 1979)がある。
  3. ^ 大部の編著で『透谷と近代日本』(翰林書房 1994)がある。
  4. ^ 『保田與重郎 日本浪曼派の時代〈抄〉 みやらびあはれ』(作家の自伝97:日本図書センター 1999)を編・解説。

外部リンク編集