梁 女瑩(りょう じょえい、? - 160年)は、後漢桓帝の1番目の皇后。義理の姑であった順烈皇后順帝の皇后)の妹、また梁冀の妹である。

生涯編集

安定郡烏氏県の人。初め、蠡吾侯の劉志(のちの桓帝)と婚約した。本初元年(146年)、梁冀は質帝を毒殺した後、権勢保持のため桓帝を擁立した。建和元年(147年)、女瑩は皇后に立てられた。

当初、女瑩は桓帝の寵愛を一身に受けた。しかし女瑩は尊貴をたのんで驕慢であり、奢侈濫費を重ねた上、梁冀の専横が続いたため、桓帝は女瑩をも恐れはばかることになった。梁太后(順烈皇后)が崩御した後、桓帝は他の妃嬪を寵愛するようになった。女瑩は嫉妬し、妊娠した妃嬪をみな死に追いやった。結局、女瑩は桓帝の信頼も寵愛も失った。延熹3年(160年)、女瑩は憂憤のうちに崩じた。「懿献」とされ、懿陵に葬られた。

梁冀が誅殺された後、懿陵も貴人冢と改められた。

参考文献編集

梁女瑩を主題にした作品編集

  • 楊慎の『漢雜事秘辛』は、梁女瑩の婚前裸体検査を題材とした。