メインメニューを開く

梁 鴻志(りょう こうし)は中華民国の政治家。北京政府安徽派の有力政治家で、後に中華民国維新政府の首脳に就任した。衆異。晩号は遇叟[1]

梁鴻志
Liang Hongzhi.JPG
出典:『写真週報』1940年4月3日号
プロフィール
出生: 1882年光緒8年)
死去: 1946年民国35年)11月9日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)上海市
出身地: 清の旗 福建省福州府長楽県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 梁鴻志
簡体字 梁鸿志
拼音 Liáng Hóngzhì
和名表記: りょう こうし
発音転記: リャン ホンジー
ラテン字 Liang Hung-chih
テンプレートを表示

事跡編集

安徽派時代編集

6歳の時から2年間、日本での生活経験を持つ。帰国後に秀才になり、さらに1903年光緒29年)には癸卯科挙人となる。1905年(光緒31年)、京師大学堂(北京大学の前身)に入学した。1908年(光緒34年)の卒業後、山東省の登莱高膠道尹公署で科長に任命され、まもなく教職に転じた。中華民国成立後は、国務院で職に就き、袁世凱が創刊させた新聞である『亜細亜報』で記事を書いた。

1915年民国4年)9月、袁世凱の皇帝即位運動における請願連合会文牘組副主任となり、福建省の誓願人としても名を列ねた。1916年(民国5年)6月の袁死後、梁鴻志は段祺瑞率いる安徽派に与し、段芝貴の秘書長をつとめた。この間に、王揖唐と親交を結び、1918年(民国7年)3月に王が安福倶楽部を創始すると、梁もこれに加わる。さらに参議院議員に当選し、8月に参議院秘書長に就任している。1920年(民国9年)7月の安直戦争で安徽派が敗北すると、梁も指名手配されたため、天津の日本租界に逃げ込んだ。

1924年(民国13年)10月の北京政変(首都革命)で段祺瑞が臨時執政として復権すると、梁鴻志も臨時執政秘書長に就任した。1925年(民国14年)には日本側と合同で東方文化事業総委員会中国委員となっている。しかし同年11月に梁は辞任を余儀なくされ、天津に寓居した。しばらくして段も失脚している。1927年(民国16年)、張作霖の下で安国軍総司令部政治討論会委員に任ぜられた。

1928年(民国17年)、中国国民党北伐勝利と共に、梁鴻志も指名手配され、しばらくは大連に隠れ住んだ。1931年(民国20年)の満州事変後に、段が天津から上海に移ると、段が1936年(民国25年)に死去するまで、梁はこれに随従している。

維新政府から南京国民政府へ編集

日中戦争(抗日戦争)が本格勃発した1937年(民国26年)末ごろから、梁鴻志は日本軍の誘いを受け、親日政府の組織を準備し始める。翌年3月28日、南京に中華民国維新政府が樹立された。梁は行政院院長兼交通部部長として、その首脳をつとめている。同年9月、北平(北京)の中華民国臨時政府を率いる王克敏と梁との交渉を経て、臨時政府と維新政府の連合機関である中華民国政府連合委員会が北平に設立された。

1939年(民国28年)6月から、梁鴻志は汪兆銘(汪精衛)との合流交渉を開始した(9月から王克敏も参加)。当初、梁は汪の下風に立つことを望まず、なかなか交渉は成立しなかった。結局、日本の圧力もあって、梁は汪の下位となることを承諾している。1940年(民国29年)3月、南京国民政府は成立する。梁は監察院院長兼中央政治委員会委員に就任し、これと同時に維新政府は解散された。梁は、1944年(民国35年)11月より立法院長に転じた。

日本敗北後の1945年(民国34年)10月19日、梁鴻志は漢奸として蘇州で逮捕され、上海へ移送される。1946年(民国35年)6月21日[2]、江蘇高等法院第二分院で死刑判決を受けた。同年11月9日、銃殺刑に処せられる。享年65。

編集

  1. ^ 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』1734頁
  2. ^ 上海『新聞報』6月22日(涂上飆「梁鴻志」462頁)、徐1735頁による。余子道『汪偽政権全史 下巻』1615頁は、6月25日とする。

参考文献編集

  • 涂上飆「梁鴻志」中国社会科学院近代史研究所『民国人物伝 第11巻』中華書局、2002年。ISBN 7-101-02394-0
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 余子道ほか『汪偽政権全史 下巻』上海人民出版社、2006年。ISBN 7-208-06486-5
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
王毓芝
(総統府秘書長)
臨時執政府秘書長
1924年11月 - 1926年4月
次代:
任毓麟
(陸海軍大元帥府秘書長)
   中華民国維新政府
先代:
(創設)
行政院長
1938年3月 - 1940年3月
次代:
(廃止)
   南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
(創設)
監察院長
1940年3月 - 1944年11月
次代:
顧忠琛
先代:
陳公博
立法院長
1944年11月 - 1945年8月
次代:
(廃止)