メインメニューを開く

梅内 拓生 (うめない たくせい、1941年- )は、日本の医学者、医学博士。東京大学名誉教授。世界保健機関ジュネーブ本部感染対策次長、吉備国際大学学長。

目次

来歴編集

岩手県大船渡市盛町出身。宮城県気仙沼高等学校東北大学医学部卒業。東北大学助教授を経て、1982年 世界保健機関(WHO)西太平洋地域感染対策課長に就任し、西太平洋地域感染対策部長、ジュネーブ本部感染対策次長、1992年 東京大学医学部大学院教授を歴任。2001年 吉備国際大学学長に就任した。 日本性感染症学会名誉会員[1]、 青梅今井病院特別顧問。

略歴編集

  • 1966年 東北大学医学部卒業
  • 1976年 東北大学講師(感染症、免疫、一般内科)
  • 1978年 東北大学助教授(保健、感染症、免疫、一般内科)
  • 1982年 世界保健機関(WHO)西太平洋地域感染対策課長
  • 1985年 同 西太平洋地域感染対策部長
  • 1989年 同 ジュネーブ本部感染対策次長
  • 1992年 東京大学医学部大学院教授(国際保健計画学)
  • 2001年 吉備国際大学学長[2]
  • 2002年 国際医療福祉大学大学院教授(国際保健、生きがい研究・相談)
  • 2007年 北里大学客員教授[3]

人物編集

五七五、五七五七七の短韻文に詠んだ複数の作品をつなげて評をして、詠作者の「存在と心」に触れる会話を目指した「ことばつなぎ」活動を行う[4]

郷里の岩手県大船渡市の観光大使「さんりく・大船渡ふるさと大使」、また宮城県気仙沼高校出身ということから「みなと気仙沼大使」[5]をつとめる。


著書編集

  • 「国際保健学序説 : これからの国際協力への提言」 へるす出版  2000.7

監修

  • 「バッシュ国際保健学講座」PaulF.Basch(著)梅内拓生(監修)PHC開発研究会 2001.3[6]


出典編集