梅嶺院

梅嶺院(ばいれいいん、寛永20年6月11日1643年7月26日) - 宝永元年8月8日1704年9月20日))は、江戸時代中期の女性。高家吉良義央正室。俗名上杉富子[1]

目次

生涯編集

出生から縁組まで編集

寛永20年(1643年)、第2代出羽米沢藩主・上杉定勝の四女として生まれる。母は生善院近衛家家司・斉藤本盛娘)。幼名は参姫(三姫)。

万治元年(1658年4月14日、高家旗本吉良義冬の公子・義央に嫁いだ。30万石の国主大名上杉家の姫が、四位の高家とはいえ石高でいえば4200石しかない旗本・吉良家に嫁ぐというのは大変異例であった(富子の姉たちは肥前佐賀藩主・鍋島光茂加賀大聖寺藩主・前田利治などに嫁いでいる)。家臣からも反対者が出たが、この縁組は江戸幕府からの命令であったため拒否できなかった。また、兄・綱勝保科正之の娘を正室に迎えていたとはいえ、有力幕閣と縁戚関係の少なかった上杉家にとって、大老酒井忠勝を大叔父に持つ義央との婚姻は貴重であった。さらに、吉良家が室町時代からの婚姻関係によって扇谷上杉家八条上杉家の血を引いているという事情もあった。

吉良家の正室として編集

吉良家に嫁いだ後、富子と改名する。義央との間には二男四女に恵まれた。長男・吉良三之助(後の上杉綱憲)は綱勝の養子に入って上杉家を相続し、長女・鶴姫は綱憲の養女に入って70万石の薩摩藩主・島津綱貴に嫁いだ。三女・阿久理姫と四女清姫も綱憲の養女となり、それぞれ旗本・津軽政兕と旗本・酒井忠平(忠平は急死したため、代わって公家・大炊御門経音)に嫁いでいる。一方、次男・吉良三郎と次女・振姫は夭折した。特に三郎の死は吉良家に世継ぎが居なくなったことを意味していたため、元禄元年(1688年)12月に綱憲の次男・上杉春千代(後の吉良義周)を養子に迎えた。

上杉家の力に頼るところが大きい吉良義央は、当然のことながら妻の富子をことのほか大切にした。富子が眼病を患って、その治癒の祈祷のため身延山久遠寺に赴いた時、もし自分の病気が快癒すれば同寺の七面天女を一生の守り本尊とすることと、夫の領地に新田を開いて供養することを請願し、その後実際に眼病が治る、ということがあった。元禄元年(1688年)に所領の吉良庄で行なわれた大規模な新田開発は、義央が妻の請願を実行するために行なわせたもので、この新田は「富好新田」と名づけられている。

また、吉良家の剣客として知られる清水一学は、もともと吉良の領地の農民であったが、士分に取り立てて吉良邸で働かせるよう義央に勧めたのは富子であったといわれる(富子は一学に亡き息子・三郎の面影を見たとする説がある)。義央は富子付きの侍女・浅尾局、丹後局などの吉良家に嫁ぐ前から富子に仕えている中臈や、小姓までにも気配りを欠かさなかったという。

「松の廊下」から晩年編集

元禄14年(1701年3月14日江戸城中で夫・義央が播磨赤穂藩主・浅野長矩に斬り付けられた。浅野は切腹・改易になったものの、吉良家と浅野家遺臣たちの間で緊張状態が発生し、同年8月19日、幕命により吉良家の屋敷は、江戸城のお膝元の呉服橋から本所松阪町へ移された。この時、富子は義央に同道せずに白金にある上杉家下屋敷へ移っている。富子は上杉家の中臈の藤波、高野他小姓10名ほどを義央の世話係として本所松坂の吉良邸に入らせている[2]

本所松阪の屋敷へ同道しなかった理由は諸説あり、離婚説や不仲説(富子が義央に「浅野も腹を切ったのだから、貴方も腹を切ってはどうか」と言って不仲になったという俗説が有名)、浅野家遺臣らの討ち入りがあった場合に富子の身に危険があるといけないと案じた義央自身が上杉家へ行くよう指示したという説、新しい屋敷が狭すぎて女中を連れていけなかったので同道しなかったという説などがあるが、いずれも俗説の域を出ていない。

元禄15年(1702年12月14日の浅野家遺臣ら(赤穂浪士)による吉良邸討ち入りによって夫・義央が死去すると、富子は落飾して梅嶺院と号し、その菩提を弔った。そのため、夫婦仲が悪くなったわけではないとする一方、富子の死後に吉良家の菩提寺万昌院ではなく東北寺に埋葬されたことから、やはり離婚か不仲ではないかとする見方もあり、真相は不明である。

宝永元年(1704年)、上杉家下屋敷で死去した。戒名は梅嶺院清巌栄昌大姉

脚注編集

  1. ^ 当時の日本は夫婦別姓であったため、吉良富子とはならない。
  2. ^ なお、中臈は討ち入り2日前に上杉家下屋敷に戻っている。小姓も討ち入り寸前で吉良邸を離れ、難を逃れた。

関連項目編集