メインメニューを開く

梅林孝次(うめばやし こうじ 1907年? - 1937年8月19日)は日本の軍人海軍中尉、戦死後海軍大尉)。日本海軍戦闘機パイロット。

人物・経歴編集

徳島県徳島市出身。旧神戸高等商船学校神戸商船大学を経て現:神戸大学海事科学部)卒業後、海軍予備士官として航空隊に進んだ。後に選抜されて現役士官に転官した。

1937年(昭和12年)8月19日、南京渡洋爆撃に従軍し、南京上空での中国空軍戦闘機との戦闘で被弾、炎上。その際、黒煙の中から僚機に白いハンカチを振って別れを告げて自爆したことから、その散り際の見事さが戦場美談として伝えられた。当時、顕彰歌として「その名も薫る梅林」と歌う『あゝ梅林中尉』(下記)が作られたほか、浪曲を含む各種媒体で取り上げられた。

作詞:西條八十
作曲:江口夜詩
歌:霧島昇、コロムビア合唱団