メインメニューを開く

梅林寺 (久留米市)

福岡県久留米市の寺院

梅林寺(ばいりんじ)は、福岡県久留米市にある臨済宗妙心寺派の古刹。山号は江南山。本尊は如意輪観音梅林禅寺(ばいりんぜんじ)とも称される。

梅林寺
Sammon Gate of Bairinji Temple in Kurume, Fukuoka.jpg
山門
所在地 福岡県久留米市京町209番地
位置 北緯33度19分23.6秒
東経130度29分58.2秒
座標: 北緯33度19分23.6秒 東経130度29分58.2秒
山号 江南山
宗派 臨済宗
本尊 如意輪観音坐像
創建年 元和7年(1621年
正式名 江南山梅林禅寺
法人番号 7290005010067
テンプレートを表示

概要編集

久留米市街の西寄り、筑後川の傍に位置する。

岐阜県妙法山正眼寺と共に修行の厳しさで知られ、この梅林寺からは香夢室など、本山妙心寺管長も出している。その香夢室に十数年師事し公案を全てやり遂げた加藤耕山など、多くの名僧を世に送り出してきた。真に修行を成し遂げようとする雲水にとってこの梅林寺は今も重きをなす道場である。

歴史編集

始め寺は丹波国福知山に立地、瑞巌寺と称していたが、元和6年(1620年福知山藩から久留米藩に転封された有馬豊氏が、翌元和7年(1621年)今の場所に遷座、大龍寺と称したのが創始といわれる。後に父有馬則頼の戒名「梅林院殿」にちなんで梅林寺と改称し、久留米藩歴代の菩提所となった。現在も有馬豊氏を始めとする有馬家一族のが残っている。

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

  • 絹本著色釈迦三尊像 鎌倉時代末期
  • 有馬家霊屋5棟[1][2]
    • 梅林院霊屋(附:五輪塔3基、石燈籠2基)
    • 春林院霊屋(附:五輪塔4基、石燈籠2基)
    • 春林院位牌廟(附:宮殿(くうでん)1基、石燈籠1基)
    • 長壽院位牌廟(附:宮殿1基、石燈籠2基、石塔1基)
    • 瓊林院位牌廟(附:宮殿1基、石燈籠2基)

その他編集

  • 富士山の画(尾形光琳筆)
  • 切支丹灯籠(織部燈籠)
  • 唐門

外苑編集

現在は寺と塀で区切られているが、筑後川側から北側にかけて隣接する梅林寺外苑には市民らが寄進した約30種500本のと、多数の久留米ツツジなどが植えられ、市民の憩いの場となっている。寺を開山した禹門玄級禅師(うもんげんきゅうぜんじ)の350年諱を記念して1958年に公園として開放された。

ギャラリー編集

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成30年12月25日文部科学省告示第231号
  2. ^ 「国宝・重要文化財(建造物)の指定について」(文化庁サイト、2018年10月19日発表)

参考文献編集

  • 『日本歴史地名大系 福岡県の地名』(「梅林寺」の項)、平凡社、2004年