メインメニューを開く

梅津寺公園(ばいしんじこうえん)は、愛媛県松山市梅津寺町にある伊予鉄道が所有する公園
本項目ではこの場所にかつて存在した遊園地、梅津寺パークについても記述する。

梅津寺公園
梅津寺公園入り口
所在地
愛媛県松山市梅津寺1386-5
座標 北緯33度52分33.98秒 東経132度42分24.43秒 / 北緯33.8761056度 東経132.7067861度 / 33.8761056; 132.7067861座標: 北緯33度52分33.98秒 東経132度42分24.43秒 / 北緯33.8761056度 東経132.7067861度 / 33.8761056; 132.7067861
開園 1935年
運営者 伊予鉄道
アクセス 梅津寺駅から徒歩。
公式サイト http://www.iyotetsu.co.jp/baishinji/

目次

概要編集

 
かつての梅津寺パーク遠望

前身は、伊予鉄道1935年11月4日に開園した遊園地で、当初は「梅津寺遊園地」と言う名称だった。松山電気軌道が経営する遊園地「知新園」と激しく競って打ち勝ち、1963年4月1日に「梅津寺パーク」と言う名称でリニューアルオープンした梅や桜のある庭園と海水浴場、野外ステージ、各種アトラクションがある遊園地となっていた。かつては観覧車もあったが、閉園となる以前に撤去された。また、坊っちゃん列車伊予鉄道1号機関車鉄道記念物)が展示されている。花見シーズン(梅、桜)はナイター営業も行っていた。

アトラクションは入園券とは別になっていた(フリー券がお得であった)。また、入園券は一度園外へ出ると再入園できなかった。なお、海岸にあるので異常気象時(強風、高波)には閉園することがあった。

遊具が普段は動いていないことがあり、スタッフに声を掛けると動かしてくれていた。

1935年11月から73年間、リニューアルオープンから46年間営業されたが、2009年3月15日をもって閉園した。跡地については、梅園部分をそのまま残し、遊具を撤去した部分を多目的広場として残している。

翌3月16日以降は、名称が「梅津寺公園」と変更された。

2010年5月、愛媛FCクラブハウスと練習場がサンパークから本園の跡地に移転し、「愛フィールド梅津寺」と命名された。

入園料は、遊園地部分が無くなったので、200円から50円に値下げされている。

また、海水浴場や「梅津寺別荘健康ランド」(温浴施設)、「梅津荘」(料亭)も閉鎖している。

愛フィールド梅津寺編集

 
愛フィールド梅津寺

2010年5月より利用開始となったサッカー専用の施設。人工芝グラウンド1面が設置されている。また、愛フィールド梅津寺と同所に愛媛FCのクラブハウスも設置されている。

アクセス編集

外部リンク編集