メインメニューを開く

梅津 昭典(うめづ あきのり、1963年9月21日[1] - )は、日本の元俳優子役。本名同じ[1]

うめづ あきのり
梅津 昭典
本名 梅津 昭典
生年月日 (1963-09-21) 1963年9月21日(56歳)
出生地 日本の旗, 東京都
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ
所属劇団 劇団ひまわり
主な作品
テレビドラマ
おらんだ左近事件帖
ウルトラマンA
円盤戦争バンキッド
映画
トラック野郎』シリーズ
テンプレートを表示

東京都出身[1]劇団ひまわりに所属していた[1]

人物編集

体が丈夫でなかったことから、1969年7月に劇団ひまわりに入団する[1]。1971年、テレビドラマおらんだ左近事件帖』でデビュー。『おらんだ左近』主演の高橋英樹に面倒を見てもらったことから高橋を尊敬する俳優に挙げている[1]。1972年、『ウルトラマンA』第29話より梅津ダン役でレギュラー出演。当時は小学三年生で、算数音楽を好きな科目に挙げており、趣味は野球水泳であった[1]

映画トラック野郎シリーズには、第1作『トラック野郎・御意見無用』より出演している。これは、主人公の相棒である松下金造(通称:ヤモメのジョナサン)の次男役で、以後レギュラー出演を続けていた。第5作『トラック野郎・度胸一番星』に登場していないのは、松下の妻である君江役の春川ますみが出演していない関係で、「君江が出ないのに子供たちだけを出したくない」と監督の鈴木則文が判断したためである[2]。次の第6作『トラック野郎・男一匹桃次郎』には登場したものの、第7作『トラック野郎・突撃一番星』には春川ともども登場していない。第8作『トラック野郎・一番星北へ帰る』から子役が全員入れ替えになったため、『〜男一匹桃次郎』が同シリーズ最後の出演となった。この入れ替えは、演出上の都合によるものだが、「(あと10作ぐらい続くと思っていたから変えたが)全10作で終わるなら、変えなくても良かった」と、監督の鈴木則文は述懐していた[3]

既に芸能活動は引退しており、かつての特撮番組を扱った書籍のインタビュー記事等にも登場することがないため、その後の消息ははっきりしていない。

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『福島民報』1972年11月9日付朝刊、8面。
  2. ^ 鈴木則文、宮崎靖男、小川晋『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説」』洋泉社別冊映画秘宝 洋泉社MOOK〉、2010年。ISBN 978-4-86248-468-083頁。
  3. ^ 鈴木則文、宮崎靖男、小川晋『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説」』洋泉社別冊映画秘宝 洋泉社MOOK〉、2010年。ISBN 978-4-86248-468-091頁。