メインメニューを開く

概要編集

戦前は足立区梅田町と呼ばれており、1965年の当地区の住居表示実施により現行の梅田一丁目~八丁目が成立した。

地名の由来編集

風土記の記述によると、その昔この地域一帯は海に面した河口付近の沿岸地帯であったという記述が見られる。大河の河口部に当たるために堆積物が広がり、そこを埋め立てして新田が開かれたという。埋め立てられた低湿地帯のこの土地を「埋田」と呼び、それが美称されて「梅田」となったという。なお、大阪市の「梅田」とは低湿地帯だったことが共通している。

この地域は東京湾からも遠くなく、旧荒川(隅田川)が蛇行しながら流れている状況から、梅田が開発された頃は梅田付近が東京湾の入り江で、荒川の河口に隣接していたのだと推測される。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
梅田一丁目 982世帯 1,937人
梅田二丁目 1,246世帯 2,302人
梅田三丁目 1,177世帯 2,297人
梅田四丁目 1,173世帯 2,369人
梅田五丁目 1,898世帯 3,886人
梅田六丁目 1,756世帯 3,569人
梅田七丁目 2,383世帯 4,987人
梅田八丁目 1,661世帯 3,755人
12,276世帯 25,102人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]。なお、足立区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。ただし、小学校に関しては、2018年(平成30年)度から学区域または学区域に隣接する学校のみの選択になる。[5][6]

丁目 番地 小学校 中学校
梅田一丁目 全域 足立区立梅島第二小学校 足立区立第四中学校
梅田二丁目 20番以降 足立区立第九中学校
その他 足立区立梅島小学校
梅田三丁目 9番以降 足立区立梅島第二小学校
その他 足立区立第四中学校
梅田四丁目 全域 足立区立第九中学校
梅田五丁目 1〜4番
その他 足立区立亀田小学校
梅田六丁目 28番以降
その他 足立区立梅島小学校
梅田七丁目 全域
梅田八丁目 1〜10番
その他 足立区立亀田小学校

交通編集

施設編集

史跡編集

地下水揚水と地盤沈下編集

足立区域は例外なく地下水の豊富な地域であり、梅田もその例外ではなかった。梅田地区の地下を流れる水脈は浦和方面から流れるものであったが、この地下水は梅田の基幹産業であった製紙業だけでなく、生活用水として大変重宝され、大量に揚水された。しかしあまりに過剰な地下水を汲み上げすぎてしまったがために、1897年明治30年)頃に始まった地盤沈下は急激に悪化し、1965年(昭和40年)までに2m近くも沈下した。これ以上の沈下は水害を悪化させるとして1966年昭和41年)に通商産業省(当時)によって揚水が禁止され、梅田から井戸は廃止された。

歴史編集

梅田の歴史は江戸時代初期までさかのぼる。

年表編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 足立区の町丁別の世帯と人口”. 足立区 (2017年12月4日). 2017年12月7日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月7日閲覧。
  4. ^ 区立小・中学校の通学区域表・通学区域図”. 足立区 (2017年4月15日). 2017年12月7日閲覧。
  5. ^ 学校選択制度について”. 足立区 (2017年6月1日). 2017年12月7日閲覧。
  6. ^ 小学校の「学校選択制度の改正」について”. 足立区 (2017年5月3日). 2017年12月7日閲覧。

外部リンク編集