梨本宮

守脩親王が創設した宮家
梨本宮家から転送)

梨本宮(なしもとのみや)は、日本皇室における宮家の一つ。

梨本宮家
家紋
十四葉裏菊じゅうよんうらぎく
家祖 梨本宮守脩親王
伏見宮貞敬親王の第10王子)
種別 皇族宮家
出身地 東京府豊多摩郡渋谷町(現:渋谷区渋谷
東京府東京市麻布区市兵衛町
(現:港区六本木
主な根拠地 東京都
凡例 / Category:日本の氏族

概要 編集

伏見宮貞敬親王の第十王子・守脩親王明治維新に伴って還俗し、最初は梶井宮と称し、次いで明治3年(1871年)には梨本宮と改称したことにより、創設された。

1947年(昭和22年)10月14日、3代・守正王の代で皇籍離脱。男系では守正王の代で血筋が途絶えた。

系図 編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
北朝3代天皇
崇光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伏見宮
栄仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伏見宮
貞成親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102代天皇
後花園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伏見宮
貞常親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伏見宮
貞敬親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伏見宮
邦家親王
 
初代梨本宮
守脩親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山階宮
晃親王
 
久邇宮
朝彦親王
 
〔伏見宮家〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代梨本宮
菊麿王[注釈 1]
 
〔久邇宮家〕
 
 
 
 
 
3代梨本宮
守正王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
方子女王
 
規子女王
 
広橋儀光[注釈 2]
 
4徳彦[注釈 3]

備考 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 後に山階宮家へ復籍。
  2. ^ 規子女王の次男、守正王の外孫。非男系。後に離縁。
  3. ^ 守正王の甥。

出典 編集

  1. ^ 宮下町の由来”. 日本実業出版社. 2021年3月19日閲覧。

外部リンク 編集

  ウィキメディア・コモンズには、梨本宮に関するカテゴリがあります。