梶ヶ谷貨物ターミナル駅

梶ヶ谷貨物ターミナル駅(かじがやかもつターミナルえき)は、神奈川県川崎市宮前区野川にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅武蔵野線所属。

梶ヶ谷貨物ターミナル駅
駅遠景
駅遠景
かじがやかもつターミナル
Kajigaya Kamotsu Terminal
◄(新鶴見信号場)(8.8km)
◄◄鶴見 (12.7km)
府中本町(16.1km)►
所在地 神奈川県川崎市宮前区野川140
所属事業者 JR logo (freight).svg日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 武蔵野線(武蔵野南線)
キロ程 12.7km(鶴見起点)
電報略号 ケヤ
駅構造 高架駅
開業年月日 1976年昭和51年)3月1日
備考 貨物専用駅
テンプレートを表示

目次

歴史編集

川崎内陸部の工場関係の貨物の出荷・到着が期待できることや、多摩田園都市港北ニュータウンなど周辺地域の人口を背景とする消費物資の到着が期待できることから、小杉トンネルと生田トンネルに挟まれた明かり区間に設置された貨物の拠点駅である。開業により、南武線稲城長沼駅武蔵溝ノ口駅の貨物取扱業務が当駅に集約された。また、尻手黒川道路を介して東名高速道路第三京浜道路国道246号(厚木街道)に近く、これらの幹線道路によって東京都南西部をも駅の勢力圏内とできることから、山手線恵比寿駅渋谷駅の貨物取扱も当駅に集約された。

『武蔵野線工事誌』によれば、敷地面積は17万7000平方メートルであり、当初、将来的な貨物取扱量は年間170万トン、1日あたり貨車400両と計画された。

駅構造編集

築堤(一部高架)上にある高架駅。トンネルとトンネルの間の短い地上区間に設置されている。

1面2線のコンテナホームがある。ホームは長いが、東側約300メートルのみ使用されている。駅構内のホーム付近は、南側から上下本線、着発線4本、仕分け線4本、荷役線、ホーム、荷役線、仕分け線3本の順に並んでいる。荷役線と着発線は、府中本町駅方面へ伸びる引上げ線で繋がっている。なお、府中本町方面に伸びる引上げ線は生田トンネル内にまで伸びている。なお、駅の業務は神奈川臨海鉄道が受託している。

ホームの北側には、駅舎や総合物流施設「エフ・プラザ梶ヶ谷」などが置かれている。エフ・プラザ梶ヶ谷は2棟あり、旭食品(旭食品棟)、サントリー(サントリー棟)が使用している。また、敷地内にロイヤルホームセンター梶ヶ谷店があり、敷地内の道路はホーム部分を除いて一般車も通行することができる。

駅舎の上には国鉄・JRのコンテナを模した看板が掲げられている。国鉄時代、この看板は帯を巻いたC20形コンテナのようなデザインであった[1]

取り扱う貨物の種類編集

利用状況編集

近年の年間発着トン数は下記の通り。

年度 発送トン数 到着トン数 出典
1998年  
1999年  
2000年  
2001年  
2002年 273,556 107,920 [2]
2003年 262,108 100,880 [3]
2004年 254,078 97,432 [4]
2005年 208,652 92,858 [5]
2006年 132,957 69,509 [6]
2007年 142,696 70,939 [7]
2008年 139,618 63,329 [8]
2009年 131,891 57,596 [9]
2010年 120,838 57,284 [10]
2011年 108,623 56,370 [11]
2012年 112,066 53,278 [12]
2013年 136,842 63,060 [13]
2014年      
2015年      

貨物列車編集

クリーンかわさき号編集

川崎市の生活廃棄物輸送の発駅で、1日1往復(土休日運休)の専用列車「クリーンかわさき号」が神奈川臨海鉄道浮島線末広町駅まで運行されている。

1995年10月、運行開始。市北部地域の住宅地で発生した生活廃棄物を東京湾臨海部の浮島処理センターに運ぶため、川崎市がJR貨物に鉄道輸送を提案した。臭気を憂慮したJR貨物であったが、川崎市が清掃車で培った技術を利用した専用コンテナを作成することで、運行が可能となった。当駅で積み込まれた廃棄物は、川崎区浮島町にある浮島処理センターまで運ばれる。粗大ごみ・一般ごみ・資源ごみ・焼却灰を川崎市の私有コンテナやJR貨物のコンテナで輸送する。なお、このような家庭ごみを運ぶ列車は、2011年5月現在、日本唯一である[14]2013年9月、新造した専用コンテナ(UM8A-9000)を使った資源ゴミ(プラスチック製容器包装)の輸送を開始した。

従来はトラック輸送であったものを貨物列車に置き換えることで、大気汚染地球温暖化や道路渋滞といった環境負荷の軽減を図っている。川崎市のゴミ総量の6%に当たる年間約2万5千トンを運び、トラック輸送と比較して二酸化炭素排出量を年間170トンあまり削減している[14]

なお、新潟県中越沖地震柏崎市のごみ処理施設が被災し、ごみの処理ができないという問題が発生したため、南長岡駅から当駅を経由し処理施設のある浮島までの貨物輸送を行ったこともある。

  ウィキメディア・コモンズには、クリーンかわさき号に関するカテゴリがあります。

アクセス編集

駅周辺編集

 
梶ヶ谷6丁目交差点。事件が起きたトンネルはこの先にある

駅の東側に尻手黒川道路が走っており、駅はこの道路からインターチェンジで伸びている。

また、このインターチェンジの下にあり、幅広い貨物駅の下を貫通するトンネル(第二梶ヶ谷架道橋、通称梶ヶ谷トンネル)内では2006年通り魔殺人事件(梶ヶ谷トンネル内女性殺人事件)が発生し、日本全国的なニュースとなった[15]。この事件後、貨物駅下にあり距離が長い、トンネルは照度が暗い、歩道に柵があり逃げられない、落書きが多い、などの問題点が指摘され[16]、行政が対策に乗り出している[17]。このトンネルは2007年8月に地元中学生によって、水族館をイメージした壁画が描かれ、また現在は4カ所に防犯カメラが設置されている。なお、この事件は2017年10月、別の事件で逮捕された容疑者が当該事件に関与したため、近く逮捕される方針である[18][19]

その他編集

  • 当駅の地下に中央新幹線が敷設されるとともに保守用車留置施設と非常口が設置される予定である[20]
  • 中央新幹線の建設によって発生した廃土を当駅から川崎臨海部まで鉄道貨物で輸送する計画がある[21]

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
武蔵野線
鶴見駅 - (新鶴見信号場) - 梶ヶ谷貨物ターミナル駅 - 府中本町駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「作ってみたいコンテナーターミナル」、『鉄道模型趣味増刊 プレイモデル No.11』通算432号、機芸出版社1983年7月20日、 P.70。
  2. ^ 神奈川県県勢要覧(平成15年度版)228ページ
  3. ^ 神奈川県県勢要覧(平成16年度版)228ページ
  4. ^ 神奈川県県勢要覧(平成17年度版)230ページ
  5. ^ 神奈川県県勢要覧(平成18年度版)232ページ
  6. ^ 神奈川県県勢要覧(平成19年度版)232ページ
  7. ^ 神奈川県県勢要覧(平成20年度版)237ページ
  8. ^ 神奈川県県勢要覧(平成21年度版)247ページ
  9. ^ 神奈川県県勢要覧(平成22年度版)245ページ
  10. ^ 神奈川県県勢要覧(平成23年度版)245ページ
  11. ^ 神奈川県県勢要覧(平成24年度版)243ページ
  12. ^ 神奈川県県勢要覧(平成25年度版)243ページ
  13. ^ 神奈川県県勢要覧(平成26年度版)245ページ
  14. ^ a b 乗客なしゴミ運ぶ列車 JR貨物・梶ヶ谷貨物ターミナル駅(川崎市宮前区) 読売新聞社 2011年5月22日(2011年9月8日閲覧)。
  15. ^ http://mediajam.info/topic/170093[リンク切れ]
  16. ^ [1][リンク切れ]
  17. ^ http://www.city.kawasaki.jp/press/info20061121_3/item207.pdf (PDF) [リンク切れ]
  18. ^ 宮前区梶ケ谷トンネル内で発生した女性殺人事件捜査にご協力を!
  19. ^ http://www.yomiuri.co.jp/national/20171008-OYT1T50089.html
  20. ^ 東海旅客鉄道 - 中央新幹線(品川・名古屋間)に係る事業説明会の資料について
  21. ^ レスポンス - 川崎市、中央新幹線の発生土運搬調査を継続…貨物列車で臨海部へ

関連項目編集

参考文献編集

  • 日本鉄道建設公団東京支社 『武蔵野線工事誌』 日本鉄道建設公団東京支社、1984年、398,399,405,480頁