メインメニューを開く

梶 一郎(かじ いちろう、1912年6月6日 - 1978年1月20日)は、将棋棋士、九段。土居市太郎名誉名人門下。棋士番号は12。東京都台東区の生まれ。

 梶一郎 九段
名前 梶一郎
生年月日 (1912-06-06) 1912年6月6日
没年月日 (1978-01-20) 1978年1月20日(65歳没)
プロ入り年月日 1934年1月1日(21歳)(四段)
棋士番号 12
出身地 東京都台東区
師匠 土居市太郎名誉名人
段位 九段
戦績
2017年8月21日現在
テンプレートを表示

人物編集

元号が明治から大正に変わる直前の月の生まれである。

1928年、土居市太郎に入門(後に、土居の次女と結婚する)。プロ入り(四段)は1934年。以降昇段を重ね、戦時中の1943年に八段まで上り詰める。

戦後に始まった第1期順位戦(1946年度)では、A級(八段リーグ)からスタート。4勝9敗の成績で陥落枠7名の中に入り、第2期はB級で指す。

第11期(1956年度)B級2組順位戦で2位(9勝4敗)の成績を収め、B級1組に復帰。

第2回(1957年度)東京新聞社杯戦で高松宮賞を獲得。

第13期(1958年度)B級2組順位戦で、0勝3敗の後の7局を不戦敗とし、1959年、現役を引退。まだ46歳であった。

1978年1月20日肺炎[1]死去。享年65。同日付で九段を追贈される。

梶にはプロ棋士になった弟子はいないが、後に観戦記者となった東公平は、梶門下で奨励会で指し、初段で退会している。

棋風編集

居飛車党で、相掛かりや変則的な矢倉の形の将棋が多い。時折振り飛車も指し、升田幸三を相手に中飛車で戦って勝った一局もある。

昇段履歴編集

主な成績編集

脚注編集

  1. ^ 平成10年版「将棋年鑑」

関連項目編集

外部リンク編集