梶井 厚志(かじい あつし、1963年6月4日 - )は日本経済学者。専門はゲーム理論数理経済学。現在関西学院大学教授[3]。元京都大学教授Econometric Societyフェロー、元Econometrica編集委員[1]日本学術振興会賞2007年[4]日本経済学会中原賞2008年[5]を受賞。

梶井厚志
ゲーム理論
生誕 (1963-06-04) 1963年6月4日(57歳)
研究機関 京都大学
研究分野 ゲーム理論数理経済学
母校 一橋大学(学士)
ハーバード大学 (Ph.D.)[1]
博士課程
指導教員
アンドリュー・マスコレル[1]
影響を
受けた人物
武隈慎一一橋大学での指導教官)[2]
受賞 日本学術振興会賞2007年
中原賞2008年
テンプレートを表示

不確実な状況下における市場均衡に関する研究を専攻しており、日本を代表する理論ミクロ経済学者である[4]

来歴編集

1963年広島県呉市生まれ[4]。高校卒業後は一橋大学経済学部に進学、学部時代は武隈慎一ゼミナールに所属した[2]。一橋大学経済学部卒業後は同大学院を経て、ハーバード大学に進学し、1991年に同大学よりPh.D.を取得した[1]。ハーバード大学での指導教官はアンドリュー・マスコレル[1]。Ph.D.取得後はペンシルベニア大学助教授筑波大学助教授、大阪大学社会経済研究所教授を経て、京都大学経済研究所教授(2003年)。2007年には第3回日本学術振興会賞を、2008年には日本経済学会中原賞を受賞した[1]。また、2013年からはシンガポールマネージメント大学客員教授も務めている[1]。懲戒処分を受けた岡田章教授が退職した2019年、自身も京都大学を退職し関西学院大学教授に着任[6]

著作編集

年譜編集

略歴編集

学会活動編集

受賞歴編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集