棒読み

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

棒読み(ぼうよみ)

  • 漢文を読むときに返り点に従わずに上から下まで音読すること。
  • 演劇などの台詞を感情や抑揚を意識せずに台本の文字に従って発すること。
  • ネットスラングの一つとして、語尾に(棒読み)と追加し、前文を否定または嘲笑することを意図する意味でも使われている(例:◯◯さんはとても素晴らしい人です(棒読み)。
  • 苦笑いや乾いた笑いなど笑顔を繕った際に用いられる(例:あはは