棚橋泰文

日本の政治家

棚橋 泰文(たなはし やすふみ、1963年(昭和38年)2月11日 - )は、日本政治家弁護士通産官僚自由民主党所属の衆議院議員(8期)、第97代国家公安委員会委員長国土強靭化担当大臣、領土問題担当大臣内閣府特命担当大臣防災海洋政策)。

棚橋 泰文
たなはし やすふみ
Yasufumi Tanahashi.jpg
小泉内閣にて入閣した際、官邸が公表した肖像写真
生年月日 (1963-02-11) 1963年2月11日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 岐阜県大垣市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員通商産業省
弁護士
現職 国家公安委員会委員長
国土強靭化担当大臣
領土問題担当大臣
内閣府特命担当大臣
防災海洋政策
衆議院議員
所属政党 自由民主党津島派谷垣G→佐藤G→麻生派
称号 法学士(東京大学・1987年)
親族 父・棚橋祐治(元通産事務次官
祖父・松野幸泰(元国土庁長官岐阜県知事
祖母・松野友(元穂積町長)
伯父・松野幸信(元穂積町長、瑞穂市長)
公式サイト 棚橋泰文オフィシャルサイト

内閣 菅義偉内閣
在任期間 2021年6月25日 - 現職

内閣 第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
在任期間 2004年9月27日 - 2005年10月31日

選挙区 岐阜2区
当選回数 8回
在任期間 1996年10月21日 - 現職
テンプレートを表示

内閣府特命担当大臣(科学技術政策食品安全・食育)、衆議院国家基本政策委員長予算委員長自民党青年局長自民党幹事長代理自民党党・政治制度改革実行本部長自由民主行政改革推進本部長を歴任。

来歴編集

岐阜県大垣市で生まれ、小学校5年生から中学校2年生まで西ドイツで生活[2]東京学芸大学教育学部附属高等学校東京大学法学部卒業。東大在学中の1986年国家公務員試験I種および司法試験に合格[要出典]

1987年に東大法学部を卒業して通商産業省へ入省。同期に泉田裕彦新潟県知事。在職中に司法研修所へ出向して司法修習を修了。1993年1月に通商産業省を退官、2月に弁護士登録して大垣市内で法律事務所を開設[3]

1993年7月の第40回衆議院議員総選挙旧岐阜1区(定数5)から無所属で立候補したが、得票数7位で落選。1996年第41回衆議院議員総選挙自由民主党公認で岐阜2区から立候補して初当選。以降2017年第48回衆議院議員総選挙まで、全て小選挙区で連続8選。

2002年2月に自民党青年局長、10月に行政改革推進本部幹事に就任。2004年9月に第2次小泉改造内閣内閣府特命担当大臣科学技術政策食品安全)、併せて情報通信技術 (IT)政策担当大臣に就任し、当選3回で初入閣。2005年7月に内閣府特命担当大臣(食育)の補職辞令[要出典]

2009年2月に半年間総会に欠席し続けた平成研究会(津島派)を退会し、無派閥となる。

2012年10月に自民党総裁を退任した谷垣禎一を中心に谷垣を支持する川崎二郎逢沢一郎中谷元らが旗揚げした、政策研究会「有隣会」の結成に参加した[要出典]

2014年9月に自民党幹事長代理に就任。

2016年9月に衆議院国家基本政策委員長に就任[4]

2017年5月に麻生派・山東派と合流する新派閥に参加するため佐藤勉らと共に新グループ「天元会」を設立し、有隣会を離脱した[5]。のちに新派閥志公会に参加。

2019年10月に衆議院予算委員長に就任[6]。予算委員長としては歴代最悪レベルの不公平な議事運営を展開した上、野党議員の質問内容を理解できないなど圧倒的な無能ぶりを披露した。

2021年6月25日、同年8月に行われる横浜市長選挙立候補準備のため辞任した小此木八郎の後任として、国家公安委員会委員長兼内閣府特命担当大臣(防災・海洋政策担当)に同日付で就任した[7]

人物編集

  • 自民党でハト派の一人とされる[8]2004年6月3日の衆議院憲法調査会で、日本国憲法を「世界に冠たる高邁な理想を掲げた。平和主義を世界に発信し、戦後59年、わが国は平和だったとの事実を深く認識すべきだ」と評価した[8]
  • 自民党内で構造改革派に分類され、同党の中堅・若手議員による改革加速議員連盟の会長も務める。安倍晋三の辞任に伴う2007年自由民主党総裁選挙では小泉純一郎の再登板を要請した[9]。結局小泉は出馬せず、福田康夫を支持した[要出典]
  • 福田康夫の辞任に伴う2008年自由民主党総裁選挙に立候補する意向を表明[10]したが、推薦人は3人のみで、山本一太と一本化を試みるも交渉が決裂し、棚橋、山本ともに立候補を断念した。
  • 2009年6月、首相官邸麻生太郎首相を訪ね、天下りした国家公務員OB報酬を支払っている公益法人予算を支出しないよう求めた。麻生から要望を書面で提出するよう求められ、「政治家同士の話し合いで、紙が要る要らないの話ではない」と反発し、「できないなら退陣してほしい」と内閣総辞職を要求した[11]
  • 2009年11月17日の衆議院法務委員会で、鳩山由紀夫総理大臣の違法献金疑惑に関して法務大臣千葉景子へ質問する中で、鳩山を「脱税総理」と表現した。法務委員長の滝実から「決めつけるような表現は慎むように」と注意を受けたが、棚橋は「7200万円の脱税を鳩山氏自身も認め、修正申告を行っている。脱税と言ってはいけないのなら、何という表現を使えばいいのか答えてもらいたい」「あなたは本当に公平中立な委員長なのか、鳩山総理の弁護人なのか、どちらですか」と反論し、滝に対して答弁を求めたが、滝は棚橋の反論には答えず「後刻理事会で協議する」という形式的な返答を繰り返したため議論が紛糾し一時審議が中断した。審議再開後、棚橋は引き続き「脱税総理」を使用した[12]
  • 2013年3月19日の衆議院厚生労働委員会閉会後、同日の委員会審議中に民主党筆頭理事の山井和則が党内手続きを理由に30分間の休憩を申し入れたために審議が中断し、自民党筆頭理事の棚橋は記者団に「民主党は抵抗野党への先祖返りで、恐竜どころか両生類にまで戻った」と語った。この発言について山井が抗議するも「両生類にたとえたのがひどいとおっしゃるが、それはおかしい。両生類を愛している人もいるし、そもそも両生類に失礼じゃないか」と反論した。山井や民主党国会対策委員長高木義明は、自民党国会対策委員長鴨下一郎に対し謝罪を求めた[13]

主張編集

政治資金編集

所属団体・議員連盟編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ 内閣府特命担当大臣(食育)のみ2005年7月の補職辞令の発令により就任。
  2. ^ プロフィール|棚橋泰文オフィシャルサイト
  3. ^ プロフィール”. 棚橋泰文オフィシャルサイト. 棚橋泰文. 2019年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月13日閲覧。
  4. ^ 国家基本政策に棚橋氏=衆院委員長など内定-自民
  5. ^ 佐藤勉氏ら新グループ設立 麻生、山東派と合流へ 日本経済新聞 (2017年5月12日) 2017年5月20日閲覧
  6. ^ “臨時国会開会、新たな常任委員長決まる”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-10/2019100711.html 2019年10月18日閲覧。 
  7. ^ 国家公安委員長に棚橋氏 小此木氏、横浜市長選出馬へ - 時事ドットコム 2021年06月25日
  8. ^ a b “党内ハト派とタカ派が論戦 衆院憲法調査会で自民”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年6月3日). http://www.47news.jp/CN/200406/CN2004060301001280.html 2012年9月19日閲覧。 
  9. ^ “小泉「再登板」求める動き 中川、棚橋両氏ら要請”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年9月12日). http://www.47news.jp/CN/200709/CN2007091201001194.html 2012年11月29日閲覧。 
  10. ^ “自民総裁選、若手も立候補探る 麻生氏は出馬正式表明”. 日本経済新聞. (2008年9月5日) 
  11. ^ “棚橋氏が首相に退陣要求 天下り対策で反発”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年6月26日). http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062601000433.html 2011年2月6日閲覧。 
  12. ^ 衆議院議員 棚橋泰文が千葉景子法務大臣に対して、拉致問題等を追及する
  13. ^ 「民主党は両生類だ」発言の棚橋泰文氏が警戒される理由
  14. ^ a b c d e f 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  15. ^ 第154回国会 請願2061号
  16. ^ “サラ金業界 パーティー券リストの面々 自民67、公明2、民主5人”. しんぶん赤旗. (2003年9月12日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-09-12/14_01.html 2009年11月17日閲覧。 
  17. ^ “もち代未記載が4000万円 旧橋本派議員、共産が調査”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年2月1日). http://www.47news.jp/CN/200502/CN2005020101001280.html 2012年11月29日閲覧。 
  18. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク編集

公職
先代:
小此木八郎
  国家公安委員会委員長
第97代:2021年 -
次代:
現職
先代:
小此木八郎
  内閣府特命担当大臣防災
第30代:2021年 -
次代:
現職
先代:
小此木八郎
 内閣府特命担当大臣(海洋政策
第8代:2021年 -
次代:
現職
先代:
茂木敏充
  内閣府特命担当大臣(科学技術政策
第6・7代:2004年 - 2005年
次代:
松田岩夫
先代:
小野清子
  内閣府特命担当大臣(食品安全
第4・5代:2004年 - 2005年
次代:
松田岩夫
先代:
創設
  内閣府特命担当大臣(食育)
第1・2代:2005年
次代:
廃止
議会
先代:
野田聖子
  衆議院予算委員長
2019年 - 2020年
次代:
金田勝年
先代:
浜田靖一
  衆議院国家基本政策委員長
2016年 - 2017年
次代:
佐藤勉
党職
先代:
柳本卓治
自由民主党青年局長
第38代:2002年 - 2003年
次代:
金子恭之