メインメニューを開く

森 一弘(もり かずひろ、1938年10月12日 - )はカトリック教会司教横浜市出身、洗礼名は「パウロ」。

パウロ 森 一弘
Paulus Kazuhiro Mori
教会 カトリック教会
教区 カトリック東京大司教区
聖職
司祭叙階 1967年
司教叙階 1985年
個人情報
別名 神の母のパウロ(カルメル会在籍時)
出生 (1938-10-12) 1938年10月12日(80歳)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
出身校 上智大学 1960年
テンプレートを表示

経歴編集

18歳の時、カトリックの洗礼を受け、カルメル会に入会、修道名は「神の母のパウロ」[1]といった。1960年上智大学卒業。1967年ローマ司祭叙階された後、退会。カトリック東京大司教区の教区司祭になり、1985年、司教に叙階。東京大司教区補佐司教を務める傍ら、聖書研究に精通し数多くの著書を執筆している。2000年に補佐司教を引退。現在は真生会館に在住し、執筆・黙想指導などを行なっている。

著書編集

  • 『心の闇を乗り越えて』
  • 『しんげん』
  • 『日本の教会の宣教の光と影』
  • 『み言葉の調べ』
  • 『カトリック司教が見た日本社会の痛み』
  • 『聖書のこころを読む』
  • 『信徒の霊性』
  • 『神のやさしさの中で』
  • 『大きな力に信頼して』
  • 『神の発見』 五木寛之と共著、平凡社

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『カトリック生活』 2009年6月号 ドン・ボスコ社発行より