森三中

日本のお笑いトリオ

森三中(もりさんちゅう)は、日本の女性お笑いトリオ。所属事務所は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)。

森三中
MORISANCHU
メンバー 大島美幸
村上知子
黒沢かずこ
結成年 1998年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1998年 -
出身 NSC東京校4期
出会い NSC
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント漫才
ネタ作成者 黒沢かずこ
現在の代表番組 世界の果てまでイッテQ!
ドラクロワ
ヒルナンデス!など
過去の代表番組 リチャードホール
笑っていいとも!
サカスさん
業界技術狩人 ギョーテック
激安バラエティー
ベリーベリーサタデー!
悲宝館
お茶の水ハカセなど
同期 ロバート
インパルスなど
公式サイト 森三中
テンプレートを表示

目次

メンバー編集

概要編集

リーダーは「責任を取りたくない」ということで特に決めていない。

関東などではグループ名の発音は「さん」にアクセントを置くことが慣例となっている。後述のように学校名が由来だが、同じ由来の北陽と同様、学校名のような発音にはならない。

基本的にはそれぞれの呼び名は「黒沢」「村上」「大島」と苗字の呼び捨てであるが、大島と村上の2人は、黒沢のことを年上ということもあり「黒沢さん」と敬称を付けて呼んでいる。

2001年4月にオープンしたルミネtheよしもとでは、ネタ出演と同時に新喜劇に参加。

口パクアイドルユニット「Peachy's」の声の正体である。

3人とも芸人中では歌唱力は非常に高い。特に黒沢は声量共にビブラートの高難易度の歌唱技術を難なくこなす実力の持ち主。さらにはプロ並の作詞作曲の実力も持ち合わせている。「ソルマック胃腸液」のCMソング「イブクロ」を歌っているが、3人とも楽譜が読めない。

いわゆる「お笑い第五世代」における女性芸人の代表的存在であるが、この世代の芸人を数多く輩出したネタ見せ番組「爆笑オンエアバトル」には結成してから1度も出場した事が無かった。

略歴編集

1998年結成。東京NSC4期の同期生として出会う。同じ東京4期生にはロバートインパルスPOISON GIRL BAND椿鬼奴がいる。

トリオ名「森三中」の由来は、黒沢の出身校「勝田三中」と村上の出身校「森中」をたして名付けられた。大森三中と関係はない。

2001年、『進ぬ!電波少年』の企画「15少女漂流記」に黒沢が参加。無人島脱出に成功し久保田利伸プロデュースでCDデビューも果たした。

TBS系の深夜バラエティ、『極すれすれガレッジセール』に当時全く無名だった大島が出演。プッチイボの一人、日本海として番組を大いに盛り上げた。他メンバーには全く無名だったまちゃまちゃがウルフ神崎という名で出演している。 『激すれすれガレッジセール』で、プッチイボはプッチポコへ改名。大島に続いて村上も出演。村上様(むらがみさま)という名で異彩を放つ。

森三中がブレークしたきっかけは、2000年12月17日放送『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』に3人で出演したことである。「ハイテンション ザ・ベストテン」に出演して注目を集めたことをきっかけに、大島が浜田雅功に猛アタックをする企画が計4回放送された(浜田への求愛企画は、上記「15少女漂流記」で黒沢不在のため大島と村上の二人で始まり、後に黒沢が合流)。

トリオだけにとどまらず、3人それぞれ単独(ピン)での活動や、または3人のうち2人での番組出演も多い。

2014年1月に、村上が妊娠による産休で2月より、並びに大島が「妊活」のため5月よりそれぞれ活動を休止し、当面黒沢が一人で活動することを発表した[2]。同年7月に村上が産休明けで復帰、2016年1月には大島も芸能活動を再開し、トリオでの活動もそれに伴い再開した[3]

出演編集

テレビ番組編集

現在編集

過去編集

テレビドラマ編集

アニメ編集

  • サザエさん (フジテレビ、2013年8月4日放送のFNS27時間テレビ内にて)かずこ、知子、美幸役
  • とっとこハム太郎(テレビ東京、2012年4月7日 - )※「ハムさんちゅう」名義

ラジオ番組編集

レギュラー

映画編集

Vシネマ編集

  • パチンコ バトルロワイヤルII

テレビCM編集

PV編集

下記は、他ミュージシャンのPVに出演した作品である。

ディスコグラフィ編集

CD編集

単独ライブ編集

  • 2002年
    • 11月9日 - 「かるがるしく抱かないで」(シアターサンモール/東京)
  • 2003年
    • 8月24日 - 「あたしのこと好き?」(シアターサンモール/東京)
  • 2004年
    • 4月24日 - 「本当にやばい状況 4月」(銀座ガスホール/東京)
    • 7月14日 - 「本当にもっとやばい状況 7月」(新宿シアターモリエール/東京)
    • 10月12日 - 「本当にさらにやばい状況 10月」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 2006年
    • 11月18日 - 19日 - 「みよちゃん・みっちゃん・のりちゃんの子供達」(時事通信ホール/東京)
  • 2009年
    • 2月28日 - 「ぴーぴーどんどん」(ルミネtheよしもと/東京)

脚注編集

外部リンク編集