メインメニューを開く

森下 広一(もりした こういち、1967年9月5日 - )は鳥取県八頭郡八頭町出身の元陸上競技選手、指導者。1992年バルセロナオリンピック男子マラソン銀メダリスト。鳥取県立八頭高等学校出身、現役時は旭化成陸上部所属。現在はトヨタ自動車九州陸上競技部監督。

森下 広一 Portal:陸上競技
Koichi Morishita.jpg
2012年10月8日森下広一杯八頭町マラソン大会
招待選手として出場
選手情報
フルネーム もりした こういち
ラテン文字 Kōichi Morishita
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走マラソン
所属 旭化成(現役時)
トヨタ自動車九州(監督)
生年月日 (1967-09-05) 1967年9月5日(52歳)
出身地 鳥取県八頭郡八頭町
身長 165cm
体重 54kg
自己ベスト
5000m 13分37秒64(1991年)
10000m 28分01秒98(1992年)
マラソン 2時間08分53秒(1991年)
 
獲得メダル
陸上競技
オリンピック
1992 バルセロナ マラソン
アジア競技大会
1990 北京 男子10000m
1990 北京 男子5000m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

来歴編集

船岡町立船岡中学校時代は水泳部に所属しながら駅伝に参加し、3年次には中学駅伝鳥取県大会の区間賞(6区)を獲得している。八頭高等学校に進学後、陸上競技部に入部して頭角を現す。3年次にはインターハイ予選中国地区大会の3000mSCにおいて由良育英高等学校の岡田敦行とともに高校生として初めて9分を突破、地元開催であったわかとり国体では、少年A1500m1500mで8位、少年A10000mで6位と気を吐く。 しかしながら、深山晃、岡田敦行ら、兵庫県からの越境入学による国体強化選手を集めた由良育英の壁に阻まれ、都大路への出場は一度も叶わないままの卒業となる。

高校卒業後、一旦は地元である船岡町での就職を予定していたが、誘いを受けて旭化成陸上部に入部する。

旭化成入社後、故障に苦しめられた時期も長かったが、宗茂宗猛の指導の下、駅伝でチームの核となる活躍を見せ始める。1990年の熊日30kmロードレースで優勝を飾ると、トラックでは同年の北京アジア競技大会10000mで優勝して金メダル5000m銀メダルを獲得。翌1991年世界陸上東京大会では10000m決勝進出を果たすなど、若手トップランナーとして注目を集め始める。

初マラソンは、1991年別府大分毎日マラソン。初マラソンながら、急遽出場したソウルオリンピック・マラソン4位入賞である中山竹通との一騎討ちを演じた。このレースの39キロ過ぎ、中山が森下の肩を叩いてスパートを促すと、森下はそのまま中山を振り切ってゴールし、2時間8分53秒の初マラソン日本最高記録で優勝した。

翌年の東京国際マラソンで、再び、中山と一騎討ちになり、トラック勝負でこれを制し、バルセロナオリンピックのマラソン代表となった。オリンピックまでのマラソン経験数2回は、戦後の日本の男子マラソン代表では最も少ない数字である。

8月のオリンピック本番では、旭化成のチームメイトだった谷口浩美や前述の中山とともに出場。黄永祚  韓国)とのマッチレースとなり、終盤のモンジュイックの丘で突き放されて惜しくも優勝を逃したが、日本人選手として2つめの銀メダルを獲得(ほか中山が4位、谷口が8位で日本3選手全員が入賞を果たす)。五輪マラソンで男子がメダルを獲得したのは、1968年メキシコオリンピックでの君原健二の銀以来24年ぶりのことであった。

五輪以降は怪我等で低迷し、現役を退き、1999年トヨタ自動車九州陸上部監督に就任した。チームは着実に力をつけ、全日本実業団駅伝への出場、クロスカントリーハーフマラソンの世界大会代表を出すまでとなった。

2005年には北海道深川にて10000mの日本歴代3位・国内日本人最高タイムを記録した三津谷祐ヘルシンキ世界選手権代表へ。これがチーム初のトラック種目代表である。しかし、三津谷やそれ以降に加入してきた高卒の競技者が故障で苦しみ、早期に競技を退いていることも事実であり、コーチング、育成能力を疑問視する声も在る。 また、深川のレースで三津谷をアシストしたルーキー、サムエル・ワンジル  ケニア)はゴールデンリーグと呼ばれる国際主要大会の10000mで世界ランク上位に相当する26分41秒75をマーク。約2週間後に行われた9月のロッテルダムのレースではハーフマラソンの世界記録(59分16秒)を樹立した。ワンジルは母国・ケニアに長期間帰国していたことが多く、日本の実業団登録の滞在日数に関わるため、森下に日本に戻ってくるよう促されても戻ってこないことが多かった。次第に2005年 同期加入した当時のトヨタ九州マネージャーと行動をともにするようになり、籍を置いたまま、ガブリエラ・ロザをコーチに、その息子フレデリコ・ロザを代理人とし、森下の方針に従わず、森下が考えていたスケジュールやトヨタ九州と合流する予定、福岡の放送局FBSのイベントなどもキャンセルするなどのトラブルを起こし、2008年7月にトヨタ自動車九州に一方的に退社届を送り、トヨタ九州側も受理した。その翌月の北京オリンピック男子マラソンで金メダルを獲得した。しかし故郷・ケニアに帰ったワンジルはその後も数々のトラブルを起こし、2012年ロンドンオリンピックの開催される前年の2011年5月、ケニアの自宅バルコニーから転落して事故死、24歳の若さで夭折してしまった。

マラソン成績編集

  • 自己最高記録…2時間08分53秒(1991年2月)
年月 大会名 タイム 順位 備考
1991.02 別府大分毎日マラソン 2:08:53 優勝 初マラソン日本最高
1992.02 東京国際マラソン 2:10:19 優勝 バルセロナ五輪代表選考会
1992.08 バルセロナオリンピック 2:13:45 2位 五輪銀メダル獲得

外部リンク編集