森 俊春(もり としのぶ)は、江戸時代中期の大名播磨国三日月藩の第3代藩主官位従五位下対馬守安芸守佐渡守

 
森俊春
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保11年2月5日1726年3月8日
死没 文化3年6月4日1806年7月19日
改名 勝五郎、俊春
戒名 俊晴院殿智道日覚大居士
墓所 東京都大田区池上の本行寺
官位 従五位下対馬守安芸守佐渡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
播磨三日月藩
氏族 森氏
父母 森長記:重
兄弟 可敦俊春
正室関長広の娘・
俊韶、瑞明院、長谷川正満正室、林正周養女、曾代
養女上田義茂
テンプレートを表示

略歴編集

2代藩主・森長記の五男として江戸にて誕生。幼名は勝五郎。

元文元年(1736年)、兄の可敦が病弱を理由に廃嫡されたため、世子となる。元文4年(1739年)6月26日、父の隠居で家督を継いだ。延享2年(1745年)4月、幕府より美作国および播磨国において5万4430石の幕領を預かる。家臣深沢君山に命じて、祖先の逸話を著した「森氏雑話」を編纂させた。安永3年(1774年)5月29日、長男・俊韶に家督を譲って隠居した。

文化3年(1806年)6月4日に江戸で死去した。享年81。法号は俊晴院殿智道日覚大居士。墓所は東京都大田区池上の本光寺。

系譜編集