メインメニューを開く

森 博幸(もり ひろゆき、1963年5月29日 - )は、福岡県北九州市出身の元プロ野球選手一塁手外野手)。

森 博幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市小倉北区
生年月日 (1963-05-29) 1963年5月29日(56歳)
身長
体重
188 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1985年 ドラフト4位
初出場 1989年4月13日
最終出場 1996年7月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

来歴・人物編集

小倉工業高から、社会人野球新日本製鐵君津へ進む。社会人時代は、関東地方屈指のスラッガーと評価された[1]

1985年同年のドラフト会議西武ライオンズから指名を受けた。しかし、同じ一塁手清原和博が1位指名を受けて入団したことから、1年後の他球団からの指名も視野に入れ西武入団を保留し新日鐵君津に残留。結局、指名してくれた根本陸夫管理部長への恩もあり1年後の1986年シーズン終了後に入団した[2]

1987年は、その清原が新人王を獲得して既に一塁手のレギュラーに定着しており[1]外野手として登録されている。同年は同期入団となった中村日出夫らとともに1Aのサンノゼ・ビーズ英語版に野球留学し、主に外野手として109試合に出場した[3]

帰国した1988年背番号が14に替わりチームに期待されていたが、故障で一軍出場はなかった[4]。翌1989年は背番号が62になったが、一軍初出場を果たしてシーズン終盤には代打の切り札として頭角を表した[4]9月10日には初めてスタメンで起用され、さらに9月24日の対ダイエー戦では出場停止の清原に代わって3番打者を務め、この試合で村田勝喜からタイムリーを放ったことが大きな自信に繋がったという[4]

1990年はチームに不足している左打ちの強打者として期待され、背番号が20になった[4]。同年は羽生田忠克吉竹春樹安部理らと左翼手のレギュラーの座を争い[4]、前年を上回る60試合に出場して打率.282、初の本塁打も記録している。翌1991年は左翼手としてチーム最多の37試合に先発出場し、9月8日には野茂英雄から決勝3ランを打ち[1]チームにマジックが点灯した。同年は規定打席には達しなかったものの打率は.303となり、7本塁打を放っている。

1992年は打率.140、本塁打なしと成績が低下したが、1993年は体調を崩した清原に代わって3番打者を務めた8月19日の対近鉄戦で2年ぶりの本塁打を放つなどの活躍を見せた[1]。3年ぶりに復帰したオレステス・デストラーデが途中退団した1995年は清原が右肩の故障の影響により一塁守備ができないため、指名打者を務めることが多く、シーズン後半を中心に一塁手として29試合に先発出場している。1996年内野手に選手登録が変更され、5月15日の対日本ハム戦では右中間への打球が跳ね返って本塁打かエンタイトルツーベースか判断が分かれ、中間を取って三塁打と判定される珍しいプレーがあった[5]

1997年限りで現役を引退し、スポーツ選手の動作解析ソフトを扱う企業に就職した。社業のかたわらマスターズリーグに参加し、2003年には首位打者となっている[6]2004年の同リーグ開催中に西武でチームメートだった石毛宏典から四国アイランドリーグ設立の構想を聞いたのをきっかけに[7]2005年香川オリーブガイナーズのコーチに就任した。2006年シーズン限りで香川を退団し、2007年から古巣である西武ライオンズの二軍打撃コーチに就任した。

2008年12月9日、一軍打撃コーチだった大久保博元が知人女性への暴行容疑で被害届を提出されている事からフロントによって配置転換され、代わりに2009年から同コーチに昇格し2010年までこれを務めた。

2019年4月1日から千葉県にある千葉経済大学附属高等学校の硬式野球部の監督に就任することが発表された。

選手としての特徴編集

スタメンに定着してもおかしくない実力の持ち主だったが、一塁手には清原和博外野手には秋山幸二平野謙がいて選手層が厚かったため、代打での起用が中心だった[7]。一方、控えでもたゆまず努力する明るい性格で[1]、人柄の良さを評価されていた[7]

身長1m87cm体重およそ90kgの巨体で、早いカウントから打ちに行く積極性や左中間にも長打を放つパワーを備えた打撃が持ち味だった[4]。監督だった森祇晶はバランスの良い選手を好むといわれたが、守備は普通でも長打力をアピールできれば良いと割り切っていたという[4]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1989 西武 30 47 41 2 13 1 1 0 16 7 0 0 0 4 2 0 0 8 0 .317 .319 .390 .709
1990 60 89 78 7 22 2 0 2 30 10 2 0 0 1 9 0 1 15 3 .282 .360 .385 .745
1991 86 173 152 20 46 9 1 7 78 30 0 0 0 0 20 1 1 37 0 .303 .387 .513 .900
1992 45 53 50 3 7 2 0 0 9 4 0 0 0 0 3 0 0 12 0 .140 .189 .180 .369
1993 45 70 61 7 18 2 0 1 23 6 0 0 0 1 8 0 0 9 1 .295 .371 .377 .748
1994 6 5 4 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0 .250 .200 .250 .450
1995 70 152 135 12 39 9 0 4 60 17 0 0 0 1 15 0 1 35 4 .289 .362 .444 .806
1996 32 51 43 3 9 1 1 1 15 5 0 0 0 0 6 0 2 10 3 .209 .333 .349 .682
通算:8年 374 640 564 55 155 26 3 15 232 80 2 0 0 8 63 1 5 128 11 .275 .348 .411 .759

記録編集

背番号編集

  • 75 (1987年)
  • 14 (1988年)
  • 62 (1989年)
  • 20 (1990年 - 1997年)
  • 89 (2007年 - 2010年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e 毎日新聞、1993年8月20日付朝刊、P.13
  2. ^ 双葉社『EX大衆』2014年6月号、P.44(西武時代の清原を特集した記事で森がインタビューを受けた)
  3. ^ baseball-reference.com 1987 San Jose Bees
  4. ^ a b c d e f g 読売新聞、1990年1月23日付朝刊、P.19
  5. ^ 西武・森博幸の大飛球「折衷案」で三塁打に”. スポニチAnnex (2012年8月12日). 2016年7月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月11日閲覧。
  6. ^ 毎日新聞、2003年1月27日付朝刊、P.18
  7. ^ a b c 毎日新聞、2005年9月21日付朝刊、P.21

関連項目編集

外部リンク編集