森 和也(もり かずや、1967年 - )は、鳥取県出身の日本思想史学者。中村元東方研究所専任研究員、早稲田大学NHK学園東方学院講師、中央大学研究員[1]

もり かずや
森 和也
生誕 1967年(54 - 55歳)
日本の旗 日本鳥取県
国籍 日本の旗 日本
研究分野 日本思想史
研究機関 中村元東方研究所、ほか
出身校 早稲田大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

1967年昭和42年)[1]鳥取県で生まれる[2]1987年(昭和62年)、早稲田大学第一文学部哲学科東洋哲学専修に入学[3]1991年平成3年)、同大学を卒業すると、同大学院文学研究科東洋哲学専攻に進学[3]1994年(平成6年)に修士課程を修了したのち、2000年(平成12年)[3]に博士後期課程を単位取得満期退学した[1]。学位は修士(文学)[3]

早稲田大学大学院在学中の1995年(平成7年)から同大学の助手として働き始め、東洋哲学会の幹事も務めた[3]。博士後期課程を単位取得満期退学した2000年(平成12年)からは公益財団法人中村元東方研究所の専任研究員に就任[4]。同研究所ではアジア文化・宗教・歴史研究部会と比較思想研究部会に所属している[4]。中村元東方研究所の専任研究員を務めるかたわら、2009年(平成21年)から東方学院講師と早稲田大学エクステンションセンター講師、2011年(平成23年)から中央大学政策文化総合研究所客員研究員、2012年(平成24年)からNHK学園講師、2019年(平成31年)から中央大学国際情報学部講師を兼任している[3]

研究編集

専攻は日本思想史[1]。主に江戸時代の日本の三教(神道儒教仏教)をテーマに掲げ、三教の相互のかかわりなどの観点からその歴史を研究している[5]。所属学会は日本宗教学会日本思想史学会早稲田大学東洋哲学会、神道宗教学会鈴屋学会[4]

単著に『神道・儒教・仏教–江戸思想史のなかの三教』、筑摩書房、2018年がある(ほか共著多数)[5]

脚注編集

  1. ^ a b c d 森和也 『神道・儒教・仏教–江戸思想史のなかの三教』筑摩書房、2018年4月、著者紹介頁。 
  2. ^ 日本人と儒教”. 早稲田大学. 2021年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 森和也”. 国立研究開発法人科学技術振興機構. 2021年8月31日閲覧。
  4. ^ a b c 研究員詳細”. 中村元東方研究所. 2021年8月31日閲覧。
  5. ^ a b 野口眞戒「書評 森和也著『神道・儒教・仏教 : 江戸思想史のなかの三教』」『懐徳』第89巻、懐徳堂記念会、2021年1月、 59-64頁。