メインメニューを開く

森 士(もり おさむ、1964年6月23日 - )は、日本のアマチュア野球指導者。浦和学院高等学校硬式野球部監督。埼玉県出身。埼玉県立上尾高等学校東洋大学卒業。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。

森 士
浦和学院高等学校 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県浦和市(現:さいたま市
生年月日 (1964-06-23) 1964年6月23日(55歳)
選手情報
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
監督歴

現役時代は投手(高校の恩師の野本喜一郎や高校・大学の先輩の仁村徹と同じアンダースロー)。

経歴・人物編集

浦和市立(現さいたま市立)大谷場中学校時代に横浜スタジアムで開催された大会で全国3位に入る[要出典]。上尾高校時代にがパンクし、当時の担当医に「手術が成功しても7割の力までしか回復しない」と言われ、手を使わないスポーツへの転向を勧められるが、野球を続けたかったため肘の手術を受ける。怪我もあり一度もベンチ入りはできなかったが、高校2年の1981年にチームは秋季関東大会で優勝し、翌春の第54回選抜高等学校野球大会に出場している。

その後東洋大学に進学。大学2年時に上尾高校時代の恩師である野本喜一郎が浦和学院高校に移り、監督となった。大学卒業後は浦和学院高校の野球部コーチになることが決まっており、野本の下で学びたいと考えていたが、大学4年時にがんのため死去した。

1986年、浦和学院高等学校硬式野球部のコーチを経て、1991年、27歳の若さで同校監督に就任。同年の秋季関東大会でベスト4に入る。1992年第64回選抜高等学校野球大会で3勝し、準決勝では帝京高校に1-3で敗退するもベスト4に進出した。その後、浦和学院を甲子園常連校に育て上げた。多数のプロ野球選手を輩出しており、選手の育成手腕には定評がある[要出典]

また、高校野球を人間形成の場でもあると考えており、挨拶やマナーなど礼儀もきっちり指導している。試合開始、終了時の選手の深々としたお辞儀が印象的[要出典]で、スタンドの控え部員が一般応援席、学校応援団、野球部父母に御礼の挨拶をするのも慣例となっている[要出典]。さらに、自身が怪我で高校時代にベンチ入りできなかった経験から「選手には怪我をしない体を作ってやりたい」と考え、「治療よりも予防」を大事にしている。そのため、栄養士の指導の下、食事指導や健康管理を積極的に取り入れ、体を大きくしながらも怪我をしない体づくりを心掛けている。

2008年第90回全国高校野球選手権記念南埼玉大会で優勝し、県史上初(当時)の夏の大会3連覇を達成、同時に監督の長男・大と親子で甲子園出場を果たした。

2009年、第61回春季関東大会決勝で常総学院を7-3で下し、6年ぶり2度目の優勝を果たす。同年は夏の大会4連覇を果たせず、8月に韓国で行われた第8回AAAアジア野球選手権大会で日本代表(関東選抜[1])監督を務めた。この大会で森が全日本アマチュア野球連盟公認の日本代表ユニフォームを着用したことを機に翌2010年の春季大会限定で浦和学院のユニフォームを日本代表モデルに変更、同年の秋季大会から正式に変更した。

2010年第63回秋季関東大会決勝で東海大相模に5-4で競り勝ち、15年ぶりの優勝を果たす。同年、第41回明治神宮野球大会に初出場し、準決勝で日大三に2-5で敗退したもののベスト4進出。

2011年第9回AAAアジア野球選手権大会の日本代表コーチを務めた。同年の第64回秋季関東大会決勝で夏の甲子園4強のメンバーを数多く擁する作新学院に5-0で勝利し、2年連続3度目の優勝を果たす。同大会の連覇は1975年の小山高校以来、36年ぶり史上3校目となった。

2012年第84回選抜高校野球大会に出場。1回戦で敦賀気比に10-2で勝利し、甲子園連続初戦敗退を5でストップさせた。2回戦は三重に2-0で競り勝ち、準々決勝では優勝した大阪桐蔭に2-3で敗退したものの、10年ぶりのベスト8進出を果たす。同年夏の第94回全国高校野球選手権大会にも出場し、夏の甲子園では自身初、同校としては1986年初出場でベスト4に進出した時以来26年ぶりとなる2勝を挙げ、3回戦(ベスト16)進出を果たした。3年生が引退し新チームとなり、同年秋の県大会決勝で花咲徳栄に2-8で敗れ準優勝に終わったものの、埼玉2位として出場した第65回秋季関東大会では決勝まで勝ち進む。決勝は花咲徳栄と初の埼玉県勢同士による対戦となり、3-2で延長10回サヨナラ勝ちし、大会史上初となる3連覇を達成した。

2013年第85回選抜高校野球大会に出場。準々決勝で北照に10-0で勝ち、21年ぶりにベスト4進出。準決勝は敦賀気比に5-1で勝利。決勝では済美に17-1で快勝し、春夏通じて初の全国制覇を達成した。県勢の優勝は第40回選抜高校野球大会で優勝した大宮工業以来、45年ぶり2度目となった。同年4月19日、さいたま市から森にさいたま市長特別賞が、野球部には同賞と埼玉県から彩の国功労賞がそれぞれ贈られた。

2017年3月、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。スポーツクラブマネジメントコースで間野義之教授に師事。平日夜間や土曜日を中心に講義を受け、修士(スポーツ科学)を取得した。

2018年、第100回全国高校野球選手権記念大会に5年ぶりに出場し、1986年の初出場時(当時は野本喜一郎監督)以来、32年ぶりとなるベスト8進出を果たす。

エピソード編集

  • 高校時代は怪我に苦しみベンチ入りはできなかったが、野本喜一郎監督(当時)から野球に打ち込む姿は高く評価されていた。のちに野本が「自分のキャリアの中で一番練習したのは森だ」と言っていたことを人づてに聞いている。現在も毎年夏に選手たちを連れて野本のお墓を訪れている。[2]

主な教え子編集

主な実績編集

監督としての主な成績

甲子園出場回数と勝敗数

  • 春:出場10回・20勝9敗
  • 夏:出場11回・8勝11敗
  • 通算:出場21回・28勝20敗

主な表彰

脚注編集

  1. ^ 木製バット対応のための練習期間が必要なことから高野連は甲子園未出場の関東地区選抜メンバーを派遣した。参加選手には筒香嘉智眞下貴之らがいる。
  2. ^ 夢は咲く:センバツ出場・浦和学院 恩師の遺志継ぐ森士監督 悲願の全国制覇狙う /埼玉 - 毎日新聞埼玉版(2013年3月17日)

関連人物編集

参考文献編集

  • 矢崎良一「松坂世代」
  • 本宮洋輔「魔球の真実」
  • 藤井利香「監督と甲子園」