メインメニューを開く

概要編集

福岡県福岡市出身の歴史学者である。日本近現代史、日本外交史、インテリジェンス研究などを専攻している。「世界情勢ノ推移ニ伴フ時局処理要綱」(1940年7月)を皮切りとして、太平洋戦争開戦に至るまで多数作成された「国策」文書の策定過程、実務者による解釈の検討を行ない、日米開戦に至る国内政策集団の相互作用を解明した。近年は日米交渉情報活動についての研究を進めている。

来歴編集

生い立ち編集

西南学院大学に進学し、文学部の国際文化学科にて学んだ[1]1984年3月、西南学院大学を卒業した[1]。その後は九州大学大学院に進学し、文学研究科にて学んだ[1]1987年3月、九州大学の大学院における修士課程を修了した[1]。また、1996年3月には、九州大学の大学院における博士課程を修了した[1]。それに伴い、博士(文学)学位を取得した[2]

研究者として編集

研究者としては、当初は日本学術振興会特別研究員となった[3]。また、西南学院大学、福岡大学九州産業大学においては、それぞれ講師非常勤で務めていた[3]1997年8月静岡県立大学に採用され、国際関係学部の講師を常勤で務めることになった[3]2009年10月、静岡県立大学の国際関係学部にて准教授に昇任した[3]。なお、静岡県立大学の大学院においては、国際関係学研究科の准教授も兼務することとなった。2017年4月、静岡県立大学の国際関係学部にて教授に昇任した[3]。国際関係学部においては、主として国際関係学科の国際政治経済コースの講義を担当した[4]。なお、静岡県立大学の大学院においては、国際関係学研究科の教授も兼務することとなった。国際関係学研究科においては、主として国際関係学専攻の講義を担当した。

略歴編集

著作編集

単著編集

共著編集

  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史(2)通史第3編』第一法規出版、1995年
  • 太宰府市史編集委員会編『太宰府市史 通史編3』太宰府市、2004年

論文編集

  • 「『非決定』の構図――第2次、第3次近衛内閣の対外政策を中心に」『軍事史学』27巻2・3号(1991年)
  • 「『好機南方武力行使』と『国策』――『対南方施策要綱』と陸海軍」『日本歴史』531号(1992年)
  • 「第3次近衛内閣と『帝国国策遂行要領』――『国策』策定の政治過程の検討」『史学雑誌』101巻9号(1992年)
  • 「第3次近衛内閣の崩壊――『帝国国策遂行要領』をめぐる政治過程」『史学雑誌』104巻10号(1995年)
  • 「東条内閣と『国策再検討』――開戦決定と東郷外相」『国際政治』113号(1996年)
  • 「戦前期における日本の暗号解読能力に関する基礎研究」『国際関係・比較文化研究』3巻1号(2004年)
  • 「敗戦直後の藤枝町における食糧配給とその実態」『藤枝市史研究』6号(2005年)
  • 「近衛新体制の形成と日米開戦」『国際問題』546号(2005年)
  • 「各国の戦争展示――政治と『ミュージアム』の関連から」『国立歴史民俗博物館研究報告』132集(2006年)
  • 「『南進』論と『北進』論」倉沢愛子杉原達成田龍一テッサ・モーリス=スズキ油井大三郎吉田裕編『岩波講座 アジア太平洋戦争(7)支配と暴力』(岩波書店、2006年)
  • 「戦時期日本の暗号解読とアメリカの対応――暗号運用の観点から」『Intelligence』9号(2007年)
  • 「開戦外交と東郷外相――乙案をめぐる攻防」『東アジア近代史』12号(2009年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集