メインメニューを開く

森山 正義(もりやま まさよし、1950年9月14日 - )は、長野県出身の元プロ野球選手外野手)、大学野球監督である。

森山 正義
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県豊科町(現安曇野市
生年月日 (1950-09-14) 1950年9月14日(68歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1972年 ドラフト2位
初出場 1975年5月17日
最終出場 1979年7月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

来歴・人物編集

佼成学園高校ではエース猪狩志郎(駒大本田技研)を擁し、右翼手として1968年春の選抜に出場。1回戦でこの大会に準優勝した尾道商井上幸信に抑えられ1-2で惜敗[1]。高校同期に遊撃手清水透がいた。

高校卒業後、明治学院大学に進学。首都大学野球リーグでは、1年上のエース平石幸夫(電電関東)の好投もあり1970年春季リーグで初優勝を経験。同大学では、首都大学野球連盟を含む全大学野球リーグを通じ、最多本塁打記録である通算26本塁打を放つ。リーグ通算100試合出場、367打数110安打、打率.300、82打点。ベストナイン4回。

1972年秋、ドラフト2位で阪神タイガースに指名され入団。背番号は、上記の本塁打記録より26となった。しかし、一軍の試合に出場する前に1974年オフに交換トレードで、鈴木皖武平山英雄小川清一上辻修と共に池辺巌井上圭一との5-2の交換トレードでロッテオリオンズに移籍。移籍2年目の1976年にはイースタン・リーグで本塁打王に輝き、ジュニアオールスターにも出場した。1979年には、主に右翼手として5試合に先発出場を果たすが無安打に終わり、同年のシーズン終了後に現役引退した。一軍での試合出場は通算25試合。

以降は暫く、埼玉県川越市と同県上福岡市で和菓子屋を営んだ。

1997年、母校・明治学院大学の硬式野球部特別コーチに就任し、2005年8月から同部の監督に就任した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1975 ロッテ 6 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1976 7 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1977 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1979 9 14 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 3 0 .000 .077 .000 .077
通算:4年 25 20 18 0 0 0 0 0 0 0 3 0 1 0 1 0 0 6 0 .000 .053 .000 .053

記録編集

背番号編集

  • 26 (1973年 - 1974年)
  • 40 (1975年 - 1979年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集