メインメニューを開く

森川 公也(もりかわ きんや[1]1932年3月17日 - 1989年12月11日)は、日本俳優男性声優。本名同じ[1]

もりかわ きんや
森川 公也
本名 森川 公也
生年月日 (1932-03-17) 1932年3月17日
没年月日 (1989-12-11) 1989年12月11日(57歳没)
出生地 満州国の旗 満州国ハルビン市
ジャンル 俳優声優
テンプレートを表示

満州国ハルピン市出身[1]明治大学英文学科卒業[1]

人物編集

第二次世界大戦まで満州国で過ごし、戦後は広島県に引き揚げて広島県立呉三津田高等学校を卒業[1]

明治大学入学後は、のちに俳優となる金内吉男たちと演劇活動を行い、大学卒業後の1952年に東京演技研究所に入所。その後は、劇団現代派、劇団中芸を経て1961年に劇団演劇座に所属する[1]

吹き替え草創期から活躍しており、主にロバート・デュヴァル出演作品の吹き替えを担当し、井上孝雄堀勝之祐と分け合う形でチャック・ノリスの吹替も担当していた。また持ち役以外にもスケジュールの都合で出演を見送った小林修宮部昭夫の代役を務めた事もあった。

俳優としては悪役が多く、1962年の紹介記事では、悪役が多いことについて抵抗があると述べており、演じてみたい役柄として平凡なサラリーマン役を挙げている[1]

欽ちゃんのどこまでやるの!?』の推理ドラマのコーナーでは、独特の名調子でナレーションとして出演し、お茶の間に親しまれた。1989年12月11日、逝去。

後任編集

森川の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

テレビアニメ編集

吹き替え編集

俳優編集

ロバート・デュヴァル

洋画編集

海外ドラマ編集

ナレーション編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 福島民報』1962年5月11日付朝刊、3面。