森巣博

森巣 博(もりす ひろし、1948年 - )は、日本作家、ギャンブラー。本名、鈴木博。

自らの約25年間に及ぶカジノでのギャンブル体験とそこでの人間観察をもとに書かれた小説エッセイを書く事で知られる。

石川県金沢市生まれ。1966年都立豊多摩高校卒業後、漫画雑誌編集者や記者を経て、ヒッピーに憧れを抱き1971年競輪でつくった資金をもとに渡米、1973年帰国。イギリス人の妻と結婚して1975年英国移住。主夫として子育てをしつつカジノで生活費を稼ぐ。博士号取得後にオーストラリアの大学に赴任した妻とともに移住。現在はオーストラリアを本拠地に執筆活動を行っている。

ギャンブルの中では牌九(パイガオ)と呼ばれる種目を中心に据えている。他にバカラでも上級者である。1994年度全豪牌九選手権者。

妻はオーストラリア国立大学教授のテッサ・モリス=スズキ。ただし、森巣自身が公式の場で認めたことはない。

目次

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『ナショナリズムの克服』(集英社、2002年--姜尚中との共著)
  • 『ご臨終メディア』(集英社、2005年--森達也との共著)
  • 『戦争の克服』(集英社、2006年--阿部浩己鵜飼哲との共著)
  • 『THE POKER 全日本ポーカー選手権公式ガイドブック 』(扶桑社 2007年 日本ポーカー研究会との共著)

外部リンク編集