森敬斗

日本のプロ野球選手

森 敬斗(もり けいと、2002年1月28日 - )は、静岡県静岡市葵区出身[1]プロ野球選手。右投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。

森 敬斗
横浜DeNAベイスターズ #6
DB-Keito Mori20210828.jpg
2021年8月28日、東京ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市葵区[1]
生年月日 (2002-01-28) 2002年1月28日(20歳)
身長
体重
177 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2019年 ドラフト1位
初出場 2020年10月27日
年俸 1350万円(2022年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

小学3年時に軟式野球を始め、中学時代は硬式の島田ボーイズでプレー。島田ボーイズでは、3年春から三塁手を務めていた[3]

中学卒業後は神奈川県桐蔭学園高等学校に進学。2年秋から主将を務めた。その秋季大会では県大会で準優勝の成績を収めると、関東大会でチームを24年ぶりの優勝に導いた。特に初戦の常総学院高戦では逆転サヨナラ満塁本塁打、決勝の春日部共栄高戦でも2本塁打を打つ活躍を見せた[4]。3年春に出場を果たした第91回選抜高等学校野球大会では[5]、初戦で啓新高に3対5で敗れたものの[6]、3番・遊撃手として出場した森は4打数3安打1打点の成績を残した[6]。3年夏の選手権大会への出場は叶わなかったが、8月に行われたU-18ワールドカップの日本代表に内野手として選出。ただし、チーム事情から外野を守ることもあった[7]

2019年10月17日に行われたドラフト会議では横浜DeNAベイスターズから1位指名を受け[8]、11月23日に仮契約を結び、契約金1億円、年俸1000万円(金額は推定)という条件で入団した[9]。背番号は6

DeNA時代編集

2020年は、二軍で開幕を迎えた。シーズン終盤の10月27日に初めて一軍に昇格すると、同日の読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)、8回裏に石田健大の代打で初出場。チアゴ・ビエイラから左越え二塁打を打ち、初打席で初安打を記録した[10]。二軍では遊撃手として58試合に出場し、打率.210、2本塁打、13打点、7盗塁、OPS.580という成績だった[11]

2021年も二軍で開幕を迎えた。7月10日に同年一軍初昇格を果たすと翌日の7月11日の中日ドラゴンズ戦(バンテリンドーム ナゴヤ)でプロ初スタメン、プロ初犠打、プロ初複数安打を記録した[12]。7月12日の阪神タイガース戦(甲子園球場)では、青柳晃洋からプロ初打点を記録した[13]。後半戦からシーズン終了まで一軍に帯同し、遊撃手として44試合に出場した一方で、30打席連続無安打に陥り、打率.194、0本塁打と課題を残した。二軍では遊撃手として69試合に出場し、打率.255、6本塁打、29打点、16盗塁、OPS.670という成績だった[14]

2022年は、春季キャンプから初の一軍スタートとなる[15]。早出練習にも取り組み遊撃手としてレギュラー獲得に意気込んでいたが[16]、2月27日、巨人とのオープン戦で本塁を狙った走塁で転倒し、右太もも裏の肉離れと左足首の捻挫と診断され、開幕から出遅れる[17]

選手としての特徴編集

遠投120メートル、50メートル5秒7と高い運動能力を誇る[18]

守備に関しては強肩でフットワークが良く、かつて横浜で監督を務めた大矢明彦は「野球に対していくときのリズムを持っている選手。石井琢朗がこのような感じでしたね」と評している[19]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2020 DeNA 8 12 12 3 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .333 .583
2021 44 113 103 15 20 4 2 0 28 5 4 2 1 2 7 0 0 30 1 .194 .241 .272 .513
通算:2年 52 125 115 15 23 5 2 0 32 5 4 2 1 2 7 0 0 31 1 .200 .242 .278 .520
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



遊撃












2020 DeNA 2 0 1 0 0 1.000
2021 32 32 71 6 22 .945
通算 34 32 72 6 22 .945
  • 2021年度シーズン終了時

記録編集

初記録

背番号編集

  • 6(2020年 - )

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 森(静岡市出身) DeNAAが1位指名”. 中日新聞しずおかWeb (2019年10月18日). 2021年8月20日閲覧。
  2. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月3日閲覧。
  3. ^ DeNAドラ1・森敬斗がただ一つ掲げる目標 「あの注目度でプレーできたら最高」”. スポナビ・日比野恭三 (2019年10月25日). 2020年10月27日閲覧。
  4. ^ 桐蔭学園 24年ぶり関東大会V「全国で勝って名を広めたい」”. スポニチアネックス (2018年10月29日). 2020年10月29日閲覧。
  5. ^ “桐蔭学園、16年ぶり甲子園は初出場校と初戦 森主将「100%出す」”. スポーツニッポン. (2019年3月16日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/16/kiji/20190315s00001002449000c.html 2020年4月30日閲覧。 
  6. ^ a b 第91回センバツ高校野球大会 試合速報 第5日 啓新 対 桐蔭学園” (2019年3月27日). 2020年4月30日閲覧。
  7. ^ “U18侍 最初の山場、米国戦のスタメン発表 先発投手は近江の林”. スポーツニッポン. (2019年9月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/01/kiji/20190901s00001004276000c.html 2020年4月30日閲覧。 
  8. ^ “DeNA 単独で桐蔭学園・森を1位指名 地元横浜の高校№1遊撃手 ラミレス監督「ファンも喜んでいる」”. スポーツニッポン. (2019年10月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/17/kiji/20191014s00001728394000c.html 2022年3月7日閲覧。 
  9. ^ DeNA1位森が仮契約「筒香さん超えられるよう」”. 日刊スポーツ (2019年11月2日). 2020年2月19日閲覧。
  10. ^ a b c DeNA森が初打席で二塁打、離脱佐野に代わり昇格”. 日刊スポーツ (2020年10月27日). 2020年10月27日閲覧。
  11. ^ DeNA待望のスピードスターへ!ルーキーイヤーに大器の片鱗見せた森敬斗”. 高校野球ドットコム (2021年1月12日). 2021年6月13日閲覧。
  12. ^ 2021年7月11日(日) vs. 中日 セ・リーグ 公式戦”. 横浜DeNAベイスターズ (2021年7月11日). 2021年10月27日閲覧。
  13. ^ 2021年7月12日(月) vs. 阪神 セ・リーグ 公式戦”. 横浜DeNAベイスターズ (2021年7月12日). 2021年10月27日閲覧。
  14. ^ https://baseballdata.com/stats-farm/hitter-yb/
  15. ^ DeNA・森 スイング「千弱くらい振ったかも」”. カナロコ (2022年2月22日). 2022年4月2日閲覧。
  16. ^ DeNA森敬斗 キャンプ2日目で“結構きつい”石井琢朗コーチによる熱血指導”. 日テレNEWS (2022年2月2日). 2022年4月2日閲覧。
  17. ^ DeNA森敬斗は開幕微妙 肉離れ、捻挫の診断「痛いですね、状態が良かっただけに」三浦監督”. 日刊スポーツ (2022年3月1日). 2022年4月2日閲覧。
  18. ^ 桐蔭学園・森はDeNA単独1位 俊足強肩の遊撃手”. 日刊スポーツ (2019年10月16日). 2021年6月13日閲覧。
  19. ^ 大矢氏が若き日の“石井琢朗のような感じ”と評価した選手は?”. ニッポン放送 ショウアップナイター (2021年8月23日). 2022年1月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集