メインメニューを開く

森木 靖泰(もりき やすひろ、1963年9月25日 - 、愛媛県出身[1])は、日本メカニックデザイナーキャラクターデザイナー

目次

人物編集

玩具デザインを経て、スタジオぴえろへのデザインの持ち込みをきっかけに、テレビアニメ星銃士ビスマルク』でデザイナーとしてデビュー[1][2]長岡康史堀井久美と共に所属していたスタジオエックスを経て、その後はフリーランスで活動中。また、一時期はプレックスのデザイナーとして、『超人機メタルダー』をはじめとするバンダイ関連の商品デザインにも携わっていた経歴を持ち、ライターの赤星政尚に企画者104へ紹介され、東映特撮のキャラクターデザインに携わるようにもなる[2]

子供の頃からヒーローよりも怪人を愛好し、自身で考えた怪人の絵をノートに描いており、怪人デザイナーはその頃からの夢であったと述べている[2]。小学校高学年頃からは『マジンガーZ』の影響でロボットも描くようになった[2]

カラーイラストはCG彩色が全盛でなった後でもマーカーを用いている[2]

参加作品編集

特筆のないものは全てメカニックデザインとして参加。

テレビアニメ編集

1984年

1985年

1994年

1995年

1996年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

OVA編集

1987年

1988年

1989年

1990年

1992年

1993年

1994年

1998年

2002年

2005年

  • 星界の戦旗III

2007年

劇場アニメ編集

1991年

1992年

  • サイレントメビウス2(デザインワークス)

1997年

1998年

2005年

2007年

2010年

2012年

2015年

2018年

2019年

ゲーム編集

1992年

1996年

2000年

2002年

  • D.U.O. 〜song for all〜(メカ&小物設定)

2005年

特撮編集

全てキャラクターデザインとして参加。
※の付記されている作品はプレックスのデザイナーとして参加。

1986年

1987年

1988年

1991年

1992年

1995年

1996年

1999年

2000年

2004年

2012年

2014年

漫画編集

小説編集

その他編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『B-CLUB SPECIAL 冥王計画ゼオライマー』60p
  2. ^ a b c d e 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』グライドメディア、2012年10月16日、215-217頁。ISBN 978-4-8130-2180-3
  3. ^ kouryoukanの2018年12月5日17:06のツイート2018年12月12日閲覧。
  4. ^ “「閃光のハサウェイ」トレーラー公開!監督は村瀬修功、脚本はむとうやすゆき”. コミックナタリー. (2019年1月11日). https://natalie.mu/comic/news/315776 2019年1月11日閲覧。 
  5. ^ クレジット表記なしだが、実質的なメインデザイナー。ヨロイ軍団凱聖クールギン、豪将タグスロン、豪将タグスキー、暴魂ヒドーマン、戦闘ロボット軍団凱聖バルスキー、暴魂トップガンダー、暴魂クロスランダー、激闘士ゲバローズ、軽闘士デデモス、軽闘士ゴブリット、モンスター軍団凱聖ゲルドリング、機甲軍団凱聖ドランガーなどを担当。
  6. ^ ジェットイカロス、ジェットガルーダ、クロスチェンジャー、ファイヤーバズーカ、ウイングガントレッドを担当。

外部リンク編集