メインメニューを開く

森本 一久(もりもと かずひさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将加藤氏の家臣。通称は森本儀太夫(森本義太夫とも)。加藤十六将の一人。

 
森本一久
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄3年(1560年
死没 慶長17年6月11日1612年7月9日
改名 力士(幼名)→一久
別名 通称:儀太夫(義太夫とも)
主君 加藤清正忠広
肥後熊本藩
氏族 森本氏
父母 父:森本一慶
一友一房

略歴編集

永禄3年(1560年)、摂津国国人森本一慶の子として誕生。

若い頃より加藤清正に仕え、飯田直景庄林一心と並んで加藤家三傑と呼ばれる重臣であった。朝鮮出兵の際、第二次晋州城攻防戦において飯田直景と共に亀甲車なる装甲車で城の石垣を破壊し、黒田長政の配下・後藤基次と争いながらも一番乗りを果たし、その功により豊臣秀吉から「義」の字を与えられたという。また、土木普請も得意で、隈本城江戸城の築城に才をなした。

慶長17年(1612年)、死去。

嫡子・一友加藤家二十四将に数えられる武勇の士で島原・天草一揆鎮圧にて武名を上げた。加藤家改易後、5,100石で細川熊本藩に仕官した。次男・一房カンボジアアンコールワットへの落書で知られる。