メインメニューを開く

来歴・人物編集

岐阜県出身。岐阜県立益田高等学校を経て、名古屋大学法学部卒業後、1992年検察官任官。国会答弁等を行う通称「赤レンガ組」の法務官僚としての評価と、現場派の検事としての評価の両方が高い異色の検察官とされる[1]。仕事の「パンチ力」と髪型から「パンチ森本」と渾名される[2]

静岡地方検察庁検事、内閣官房副長官秘書官法務省刑事局参事官文化庁文化審議会著作権分科会法制問題小委員会委員等を歴任する一方、東京地検特捜部に5回在籍して、福島県知事汚職事件村上ファンド事件等の捜査を担当。村上世彰の取り調べにもあたった。佐藤栄佐久福島県知事の弟を取り調べた際には、「佐藤知事は日本にとってよろしくない、抹殺する」と告げ、この発言はのちに『知事抹殺』という書名となった。法務省刑事局付兼法務省刑事局参事官を経て、2009年7月から法務省大臣官房参事官兼法務省刑事局総務課企画調査室長、2011年4月から東京地検検事。その後東京地検特捜副部長として猪瀬直樹東京都知事が関与した徳洲会事件選挙違反事件等を担当[3][4][5]

東京高等検察庁検事兼東京地検検事を経て、2015年1月法務省刑事局刑事課長に就任[6]。2015年10月法務省刑事局総務課[7]。2017年1月東京地検総務部[8]。2017年9月東京地検特捜部長に就任。就任会見では「捜査手法は変化しているが、新しい時代に対応できるよう取り組んでいく」と抱負を述べた[9]

脚注編集

  1. ^ 「〔ひと&こと〕次の特捜部長は総長候補 背水の陣は吉と出るか」エコノミスト 第95巻 第5号 通巻4486号(2017.2.7)
  2. ^ 「東京地検特捜部長に“エース中のエース”投入のワケ」週刊文春 2017年9月28日号
  3. ^ 「東京地検特捜部長に“エース中のエース”投入のワケ」週刊文春 2017年9月28日号
  4. ^ 「東京地検特捜部長に森本氏」時事通信2017/09/11
  5. ^ 佐藤栄佐久『知事抹殺』
  6. ^ 「人事、法務省 」日本経済新聞2015/1/23
  7. ^ 日本経済新聞
  8. ^ 「人事、法務省 」日本経済新聞2017/1/17
  9. ^ 「新特捜部長「水面下に隠れた事件手がける」」毎日新聞2017年9月11日 22時00分


先代:
山元裕史
法務省刑事課長
2015年
次代:
松下裕子
先代:
吉田安志
東京地方検察庁特捜部長
2017年 -
次代:
(現職)