メインメニューを開く

森本柘榴石(もりもとざくろいし、 Morimotoite)は、1995年に発表された新鉱物で、岡山大学の鉱物学者、逸見千代子などにより、岡山県の布賀鉱山において、石灰岩を切る貫入岩によって形成されたスカルンから発見された[1]柘榴石の一種で、化学組成はCa3TiFe+2Si3O12等軸晶系大阪大学森本信男の鉱物学における業績をたたえて命名されたもの。

脚注編集

  1. ^ Henmi, C., et al. (1995): Morimotoite, Ca3TiFe+2Si3O12, a new titanian garnet from Fuka, Okayama Prefecture, Japan. Mineral. Magazine, 59, 115-120.

関連項目編集

外部リンク編集