メインメニューを開く

森本 浩二(もりもと こうじ)は、日本実業家プロデューサー

もりもと こうじ
森本 浩二
職業 実業家アニメプロデューサー
ジャンル テレビアニメ
活動期間 1999年 -
主な作品

テレビアニメ
ギャラクシーエンジェル』(プロデューサー
おねがい☆ティーチャー』(プロデューサー)
ギャラクシーエンジェる〜ん』(プロデューサー)
スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-』(プロデューサー)
真マジンガー 衝撃! Z編』(プロデューサー)
探偵オペラ ミルキィホームズ』(エグゼクティブプロデューサー


OVA
新ゲッターロボ』(プロデューサー)
君が望む永遠 〜Next Season〜』(企画


実写映画
スキトモ』(プロデューサー)

バンダイビジュアル株式会社プロデュースセクションリーダー、バンダイビジュアル株式会社取締役株式会社エモーション代表取締役社長、バンダイビジュアル株式会社執行役員などを歴任した。

目次

来歴編集

バンダイビジュアル編集

バンダイビジュアルでは、主としてコンテンツプロデュースを担当した。『新ゲッターロボ』や『スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-』といったロボットアニメの制作に参加し、プロデューサーを務めた。また、ブロッコリーが展開したメディアミックスプロジェクトである「Project G.A.」にも参画し、『ギャラクシーエンジェル』にてプロデューサーを務めた。また、メディアミックスプロジェクトである「.hack」にも携わっていた[1]

同社のプロデュースセクションではリーダーを務めるとともに、制作推進グループのゼネラルマネージャーも兼任していた[2]。さらに同社の取締役も務めていたが、バンダイナムコグループの組織改編によって、2008年3月1日エモーション代表取締役社長に転じた[2][3]。それに伴い、2008年5月22日にバンダイビジュアルの取締役を退任し、新たに執行役員に就任した[3]

エモーション編集

2010年には、自社独自の漫画レーベルとして「エモーションコミックス」を起ち上げ、漫画の単行本を定期的に刊行する方針を打ち出した[4]

また、メディアミックスプロジェクトである「Project MILKY HOLMES」にも参画し、『探偵オペラ ミルキィホームズ』ではエグゼクティブプロデューサーを務めた[5]

略歴編集

作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

Webアニメ編集

アニメ映画編集

実写映画編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 滝沢修「サイバーコネクトツー、『.hack//G.U.』のオリジナルアニメを制作――九州大学との産学連携ゲーム制作プロジェクトも発表」『サイバーコネクトツー、「.hack//G.U.」のオリジナルアニメを制作。九州大学との産学連携ゲーム制作プロジェクトも発表Impress Watch2007年10月3日
  2. ^ a b 「バンダイビジュアル組織再編発表3月1日付」『アニメ産業とビジネスの情報』アニメアニメジャパン、2008年2月28日
  3. ^ a b バンダイナムコホールディングスバンダイバンダイネットワークスバンダイビジュアルバンダイナムコグループの機構改革・人事異動について2008年5月8日、3頁。
  4. ^ エモーション新コミックスレーベル「エモーションコミックス」設立――12月10日に第1弾4アイテムを刊行2010年10月29日
  5. ^ 「TVアニメ『ミルキィホームズ』特別企画☆ファイナルを飾るのはエグゼクティブプロデューサー・森本浩二氏&統括プロデューサー・中村伸行氏&原作協力・小玉励氏が語る今後の“ミルキィホームズ”」『『ミルキィホームズ』特別企画・プロデューサー陣が今後を語る - ニュース - アニメイトTVフロンティアワークス2010年12月24日

関連項目編集

外部リンク編集

ビジネス
先代:
江口政道
エモーション社長
2008年 - 2011年
次代:
(廃止)