メインメニューを開く

森本穫(もりもと おさむ、1942年(昭和17年)- )は、日本近現代文学の研究者。 福井県生まれ[1]早稲田大学第一法学部、第一文学部国文専修卒業[1]紅野敏郎に師事。1968年(昭和43年)に国語教師として広島県立油木高等学校に赴任[2]1978年(昭和53年)頃、安田女子大学専任講師、のち賢明女子学院短期大学教授を務めた。日本近代文学専攻。松本清張研究会会員。川端康成学会常任理事。阿部知二研究会事務局長[1]

著書編集

共編編集

  • 『日本近代文学――小説に描かれた女性像』渓水社 1981
  • 『注釈:遺稿「雪国抄」・「住吉」連作』(川端康成)平山三男との共編著 林道舎 1984.10 
  • 『姫路文学散歩』神戸新聞総合出版センター 1991

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 森本・上 2014森本・下 2014奥付
  2. ^ 「第八章 『みづうみ』への道――〈魔界〉の最深部 第五節 〈魔界〉の彷徨『みづうみ』」(森本・下 2014, pp. 165-193)

参考資料編集

  • 森本穫 『魔界の住人 川端康成――その生涯と文学 上巻』 勉誠出版、2014年9月。ISBN 978-4585290759 
  • 森本穫 『魔界の住人 川端康成――その生涯と文学 下巻』 勉誠出版、2014年9月。ISBN 978-4585290766 
  • 著者紹介

外部リンク編集