メインメニューを開く

概要編集

中核企業はノリタケカンパニーリミテド。株式の持ち合いはほとんどなく、森村銀行を吸収した三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)との関係が深い。

世界最大のセラミックス企業グループ」であり、東京証券取引所一部上場企業の中で陶磁器売上高上位5社のうち1、3~5位を森村グループのTOTO日本特殊陶業日本ガイシノリタケカンパニーリミテドの順に占める(2位のINAXも、かつては森村グループに属していた。グループ離脱の経緯は後述)。また「一業一社」という理念の下で独立を進めた経緯から各企業が得意分野を持ち、それぞれが衛生陶器、スパークプラグがいし、洋食器の各分野で売上が国内トップである。

グループ企業は「森村十社会」という集まりを形成しており、毎年春と秋に各社の常務以上の定例会が開かれてきた[1]。この中には現在は存在しない会社もあるが、今も一部ではこの呼び名が使われている。これはTOTOノリタケカンパニーリミテド日本ガイシ日本特殊陶業INAX共立マテリアルの上場企業6社と、森村商事大倉陶園ノリタケ2000年に吸収され、現在はノリタケテーブルウェア)、日東石膏1985年にノリタケカンパニーリミテドが吸収)の4社、計10社で構成されていた。

森村グループを実質的に統括しているのは、森村一族が経営権を掌握している森村商事であり、森村商事の社外取締役に、TOTO日本特殊陶業日本碍子ノリタケカンパニーリミテドのそれぞれ会長が就任している。

グループ企業編集

※ その他、これらの企業子会社など

合併再編により消滅した企業編集

過去に所属していた企業編集

脚注編集

  1. ^ 朝日新聞1997年6月19日付朝刊、P.13 など

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集